【稼げる】夜勤でガッツリ稼ぎたい方必見。夜勤の正社員がある職業

夜勤 転職

夜勤の仕事で正社員求人とはどういったものがあるのかを調べてみました。

夜勤帯に正社員の求人がある仕事は日中だけのサービスではなく24時間体制で人のニーズがある分野の仕事です。

スポンサーリンク

人手が必要な分野は夜勤求人が多く正社員になれる

夜勤や日勤の昼間の時間帯で別れている仕事でどちらの時間帯も稼働しているというと製造業があります。

向上などは生産が追いつかない、24時間モニターをしていないといけない等の理由で人手が必要であります。

人手が必要な分野は夜勤の仕事も多い。SEなども保守系の仕事は夜勤もあります。シフト制を敷いているところもありますが、夜勤専門スタッフもいます。シフトで夜勤となると体に負担が掛かる可能性が高いためです。

夜勤のみ、の働き方なら決まった時間に仕事に行くことが出来ますし予定も立てやすいという理由で夜勤のみを希望する方もとても多いようです。

接客業やサポートデスク

実際に探してみると製造の分野だけではなくその他事務仕事の夜勤の仕事の求人も数多くありそうです。コールセンターやカスタマーサポートの仕事で24時間の営業で夜間も電話対応などを行っている企業では夜勤専門の正社員求人もあります。

夜中に事故を起こしてしまった場合は保険会社に連絡を取らないといけません。当然夜間対応スタッフも必要。

また、カスタマーサポートと言う点で言うと、例えば貴方が投資をしている場合は夜間でも海外は日中と言うケースがあります。その国の相場が動く場合、投資家の方は急いで売り買いの注文を出すケースもありますが、その対応をするスタッフもいます。

私が利用している投資会社は対面形式での注文ですから、夜間は専属スタッフが対応してくれます。当然夜勤スタッフとしての仕事募集があり。

携帯電話の故障に関する問い合わせの電話対応でコールセンターの求人で夜勤の仕事などが例えばそうではないでしょうか。

その他生活トラブルについての夜間相談窓口のコールセンターのオペレーターの求人もありそうです。鍵を無くしてしまったという方や自動車、バイク、パソコンのトラブルなどを処理するという仕事になるようです。

こういったコールセンターの夜勤の仕事では時間によっては電話のならない時間帯もあるのではないでしょうか。その時間帯などの作業も決められているような企業も多いようです。

夜勤の正社員求人で探してみるとその他にもビル管理などの仕事もありそうです。コールセンターの夜勤の正社員求人はパソコンのスキルなども求められそうですね。また、生活支援の観点から日本に滞在する外国人の対応のために英語のスキルなども求められそうです。特に携帯電話の故障トラブルサポートのオペレーターの求人では英語のスキルなども必要になるのではないでしょうか。

困っている人がいるから、という理由だと看護師さんの仕事も夜勤専従スタッフが必要になります。看護師さんも夜勤を専門にしている方もいらっしゃいます。

介護業界も人手が必要です。介護福祉士の仕事も夜勤の仕事は募集が多い分野ではあります。介護業界は慣れれば仕事も介助がメインになりますし、今は給料がかなり上がってきているので、転職を考えている人も多いです。

スポンサーリンク

夜勤勤務の給料とは

私が前に働いていたカスタマーサポートの夜勤の給料は昼間の1.25倍でした。仮に日勤時の給与が30万円だとすると37.5万円です。1.25倍はかなり大きな数字だと思います。

それくらい夜勤は負担が大きいと言うことの裏返しでもあるのかと思います。生活をしていれば昼間に活動をして夜は休むと言うスタイルが当然になりますから、逆の生活スタイルを取らなければいけないと言う犠牲もあります。

また給与は1.25倍になりますし、深夜帯の夜勤手当もあります。割増賃金は昼間の1.25倍になりますし、夜勤手当がつく会社もあるのが魅力の一つ。

ただ、この夜勤手当は会社によって出るところもありますし、出さなくても法律上問題はありません。

夜勤の給料が1.25倍になるのは日勤と比較した場合になります。夜勤専属スタッフとなった場合は給料はどうなるのか。

やはり夜勤専属スタッフのほうが当然給料は高くなっています。

看護師の場合は資格が必要になりますが、介護福祉士のほうが比較をするとなり易いですし夜勤をして稼ぎたい、場合はドライバーもあります。

正社員として働き手を確保しておきたい企業はたくさんありますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました