【自分改革始める】転職で悩む人へおくる3つの魔法の言葉

転職悩み解決 転職

転職で悩んでいる人へ贈る転職経験者からの3つの言葉をご紹介。

転職に悩みはつきものです。転職するべきかそれともとどまるべきか。好きなことをやって生きるのは理想ですが、好きなことだけをやってお金をワンサカ稼ぐことが出来る人は一握り程度。

転職するときにそれが正しいのかどうか悩ましいところではあります。

スポンサーリンク

安定志向なのかそれとも夢を追い続けるのか

自分にはやりたいことがある、けど、今の仕事は稼ぎが良い。こんな時転職するかどうか悩ましいところです。

安定志向と言えばそうですが、稼ぎと言うのは生活する上でとても重要です。一にも二にもお金、という考え方はよくないと言われますが、お金がないよりもあったほうが良いのは当然。

今の職種がお金を稼ぐためだ、とわりきれればそれでも良いですし、稼ぎが良いのなら割切るべき。

今の収入を得るにあたって、転職先でどれくらい時間がかかるものなのか、その収入にたどり着くにどれくらいの年月がかかるのか天秤にかけてみたほうがベター。

安定志向を捨てろ!などと無責任な言葉を掛けるつもりはございません。

正社員として年齢で見ればそれなりに良い給料を貰っているとしたら、その給料を捨てては勿体ないです。

そのままでいたほうがベター。転職はしないほうが良いぞ。辞めずにやりたいことが出来る環境を整える方法だってゼロじゃない。

言葉1.社員のままでもやりたいことは出来る!方法を探せ

スポンサーリンク

給料を上げたいから転職希望

今の給料が安い、上がる見込みがない場合は転職は考えるべきかも。ただ、その仕事がとても楽だったり精神的にとても安定できるものであれば、転職だけが収入を上げる手段ではないことは言っておきたい。

今は副業もいくつも可能だし、会社もそれを容認しているところもある。つまり収入を会社の仕事に限定してしまうことは勿体ない。

ただ、自分は副業なんか出来ないと言うのであれば転職は選択肢に入る。会社での収入を上げるにはスキルを上げていく、技術を磨く、資格を取得すると言う方法がある。それが苦にならないのであれば、会社員として生きる道が安定しているし精神的にも楽である。

会社だってスキルを上げてくれて、貢献してくれればお互いウィンーウィンの関係になれる。無理に転職をする必要も緊急性もない。

言葉2.安定は何物にも代えがたい

スポンサーリンク

パワハラ、セクハラがヒドイ

職場によってはパワハラやセクハラが横行しているところもあるだろう。自分が昔勤めていた会社はパワハラまがいが横行していたし、現場の社員は使い捨てだった。若い子たちが多かったし、替えは幾らでもいる、という感じだった。

それをおかしいと思えるのはまだ正常な状態で、それを理由に転職しようと言うのは間違いじゃない。是非とも転職したほうが良い。

無理に仕事を続けると、心身に異常をきたす可能性が高い。そんな職場は告発するか辞めるかしたほうが無難だし、転職を考えられると言うことはまだ正常な状態であることを認知しよう。

辞めさせてくれいないって言う可能性もあるが、そうなった場合はとにかく色んなところに法律相談をするのが良い。お金が掛からない方法も一杯ある。

言葉3.心身に以上をきたすような職場は転職したほうが良い。無理に続ける必要なし。

スポンサーリンク

まとめ

やりたいことが職業としてある場合は転職は避けれれないかもしれない。なぜなら今の仕事を続けながら、その仕事につくことは難しい場合は転職以外に方法がないからだ。

しかし多くの人の場合は、転職を考えるのは必要性や緊急性が少ないケースもある。何となく環境を変えたいと思っているのであれば、今の仕事の給料やどのくらいの拘束時間なのかなども考慮して考えると良い。

環境を変えたいのであれば、今の仕事に戻れる可能性は低いことも考慮するべき。また刺激がほしいのであれば、今の仕事を続けながらも、追加で何かやってみることも面白い。例えば自分で何か事業を始めてみるとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました