ツウなら知っておきたい!サパークラブってどんなところ?

サパークラブっていったい何?サパークラブ(supper club)は語源はイギリスの社交クラブでそこに行ってお酒を飲みながら情報交換などをしたりするちょっとした社交場のこと。でも実は日本では少し違って意味でも使われていたようです。

スポンサーリンク

メンズダンサーがいるところや高級感あふれるタイプのクラブがある

それが日本で使われているサパークラブというのはホストクラブの男性版というもので、もともとはキャバクラに勤める女性が客とアフターで行くお店として流行したものらしいです。アフターがないキャバ嬢も時間があれば遊べるようなお店としてサパークラブが流行っていったみたい。そこでは歌って踊れて、ショーなどが充実していたのが日本のサパークラブの始まり。

お店には男性スタッフが多いのですが、クラブ(お店)に行って食事などもできますし、お客さんとしていく場合には男女一緒に行ってもオッケーな場所です。

お店の様子はかなり店舗ごとに雰囲気が違います。綾小路翔さんとタイアップしたmasurao六本木というサパークラブではメンズダンサーが舞台で踊ったりしましたが、一方別店舗では高級感を前面に出して、シェフがいたりオシャレなカクテルが飲めるいわゆるバーのような雰囲気のクラブもありますね。

メンズクラブとかボーイズバーという呼び名が一般的なようです。ちなみにmasurao六本木/綾小路翔プロデュース、タイアップは現在休店中だそうです。

スポンサーリンク

エンターテイメント性がかなり強いのがサパークラブの特徴

日本のサパークラブってどちらかというと色物的な感じで、裸の男性が踊ったり、舞台でカラオケをしながらお酒を飲むところという感じでとらえられていたと思います。もともとがサパークラブという意味が東京都の風営法の改正でキャバクラとかホストクラブが営業時間が制限されてしまった関係でできてきたという話です。

「サパークラブとは」について簡単に説明します!【誕生編】: サパークラブ卒業生が語る!勘違いしてません?
まずはじめに「サパークラブとは」について簡単に説明します! このブログはあくまでも私の経験や実体験から約15年働いた経験により作られていますのでご理解下さい! サパークラブは主に六本木を発祥(名古屋の説もあります)とする※メンズが接客をするクラブです! 地方では「メンクラ(メンズクラブ)・ボーイズバー・」などと...

でも近年ではサパークラブの様子がかなり高級感のあるタイプへシフトしつつあるようで、中にはお酒の種類が豊富で、シェフもいてと一昔前と比べると全く両極端なイメージです。

スポンサーリンク

現在のサパークラブはどんな感じなの?

また、サパークラブという名前もあるからなのかわかりませんが、六本木のお店には意外と外国人も多く訪れるみたいですよ。特に高級感のあるタイプが人気のようです。もともとが高級な社交場のような意味でつかわれていただけあって、外国人の方もそういった高級なお店というイメージで訪れるのかもしれません。

アールツーサパークラブ (六本木/ダイニングバー)
★★★☆☆3.29 ■六本木1分テラス席あり天井高く換気の良い路面店!D付ランチ¥1000!誕生日特典コースも得 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

六本木などが高級感を出したサパークラブが多いようです。お店の内容は上述のような男性ホストがいるようなお店もありますが、中にはシェフがいてお客様が招待されるような形式のソーシャルクラブのようなお店もあるよう。

SUPPER CLUB/白石貴之
2019.05.24 Fri 19:00-21:30 (L

普通のレストランとは一味違うことを催しているようですね。

別店舗ではバレンタインやクリスマスなどではイベントを催している様子。
DJなどを呼んでかなり大掛かりなイベントみたいです。

R2 SUPPER CLUB - Retty(レッティ)
こちらは『R2 SUPPER CLUB 』の口コミ一覧ページです。口コミ数は140件、周りの友だちや実名ユーザーのリアルな声を早速チェック!

こう見ると男性が女性を連れて行くようなバーのような雰囲気で食事なども取れる高級なバーのようなイメージでしょうか。お酒もかなり種類が豊富なクラブが多いですね。さすが六本木といいましょうか。

スポンサーリンク

サパークラブは誰でも入れる?

特に男性女性という制限もなく、また男女一緒に入ってもいいというお店がほとんどでいわゆるレストラン的なタイプが最近はほとんど。オシャレな空間を演出して、立って飲んだり座って飲んだりできて、歌うところがあってソファーがあって色んな所にお店内で移動できて出会いの場があるのがクラブの特徴。

スポンサーリンク

海外と日本のサパークラブの違い

日本のサパークラブはエンターテイメント性が強いことが分かりました。ではおおもとの海外のサパークラブというのはどういったものか?

海外ではゆったりくつろぎながらリラックスして食事やお酒を雰囲気で楽しむ、というのが主流の様子。人との出会いなども当然あるようで、社交クラブのような雰囲気と思っていいようです。

Database Error

あまりエンターテイメント性などは強調されてはいないようですね。日本と比べるともっと落ち着いた雰囲気のものが好まれるようです。

でもそんな落ち着いた雰囲気だけではなく、ショウアップされたクラブもあることは付け加えておきましょう。

例えばドバイのサパークラブでは高級感だけではなく、才能豊かなミュージシャンやアーティストなどを招いてエンターテイメント性を追求したものもあるようです。

◎サパークラブ・ドバイが開店 究極のダイニングを提供
◎サパークラブ・ドバイが開店 究極のダイニングを提供 AsiaNet 53823 共同JBN 0886 (2013.7.30) 【ドバイ(アラブ首長国連邦)2013年7月30日PRN=共同JBN】クリ...
スポンサーリンク

サパー感とは?

サパー感とは、サパークラブに居そうな感じがある、という意味と思われます。

サパークラブに居そうな、派手派手な感じのファッションや様子のことなのですが、サパークラブというものが意外と定義があいまいなので、ここでは関ジャニエイトのジョニー大倉さんが言われた『サパークラブに居そう』という言葉から読み取っていきたいと思います。

ジョニー大倉さんが言われた、サパークラブに居そう、というのはメンズダンサーが居るサパークラブに居るダンサーのような髪形や雰囲気だった、という感じだと思います。

横山さんも、大倉さんもやり取りの感じからは、遊びに行ったことがあるような感じですね。ホストでもなく、っていう感じだと思いますが。

スポンサーリンク

まとめ

日本のサパークラブは海外のそれと似たような形式のものもあるが、エンターテイメント性を強く求めたものもあり独自の進化をしているようです。ただ、根本的なものはどの国でも一緒で人との出会いやふれあいをメインに楽しむもので、雰囲気はお店の付加価値のようなものです。

単純にホストのシェフの料理を食べたいからとクラブに行く方もいらっしゃいますし、エンターテイメント性をを求めて訪れるお客さんもいるのはどの国も同じようです。そういう意味では日本も海外と同じようないろいろなサパークラブが派生しているのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました