その就活メイクダメ!正しいメイク方法を見直してみて!

就活メーク画像 転職

転職時のメイクや化粧の度合いについて考えてみたいと思います。誰しも思うことですが、メイクは落ち着いた感じのほうが当然良いに決まっております。見た目、というのは案外気にされているものです。つまり真面目そうな『印象を与える』ことが出来るメイクアップの方法が就職活動にはベストと判断できます。

ただ第一志望の業界がどういった分野なのか、と言うことも大事です。

就活メイクは業界に合わせたものにするのがベストだと言えます。

スポンサーリンク

どういったメイクが当たり障りがない?

希望する業界が例えば銀行などの場合は落ち着いたメイクが当然好まれます。派手なイメージのない業界ですし、お客様と接客するのですから、余り自己主張が強い流行のメイクは不要。

では落ち着いたメイクというのはどういったことを言うのでしょうか。これは端的に考えて化粧感を出さないことでいいと思います。ただ、ナチュラルであるなら逆にノーメイクはどうなのでしょうか?これは逆に化粧をしない、身だしなみを整えない人という印象を与えると捉える人事部の人もいます。

面接官が女性だった場合、化粧っ気のない一切メイクをしないすっぴんで行った場合どう思うでしょうか。

身だしなみは整えていてもメイクをしていないと印象が悪い、ただそれが理由なようです。

マイナビ - 学生向け就職活動(就活)・就職情報サイト
株式会社マイナビが運営する新卒/既卒学生&#21521...

女性は社会人としてメイクをすることが必要なようです。それが当然のように受け入れられているようではあります。

ただそのメイクが流行のものでもダメ、というのですから女性って大変ですよね。

そういった意味では大人にきびなどの手入れも当然重要になってくる気がします。接客業の面接ではなくても見た目を大事にするということに主眼を置くのではなく、相手にどういった印象を与えるのか、ということを考えることが大事であり、気遣いというのは人に見られて知らず知らずに評価されているということでしょう。

自然なメイク

逆にメイクが出来ない人もいると思います。敏感肌でアレルギーなどをお持ちの方は難しいかもしれませんが、『清潔感』を意識するならもっとほかの部分でアピールすることも可能だと思います。

派手なイメージの業界はメイク方法を変えることも重要

今は自由に個性を求める会社も増えてきており、ナチュラルなメイクが逆に印象を薄くすることもあるようです。

会社のカラーによってメイク方法を変えるという高度なテクニックも必要なのではないでしょうか。入りたいなら会社に勤めている方を求人応募する前によくチェックしてみる、どういった人が働いているのか、社風はどういう感じなのかなど細部を調べることも大事です。

たとえば業界ごとにもある程度大別できるのではないかと思います。ホテルの求人であれば落ち着いた雰囲気のほうが当然良いですよね。接客業がメインになりますので見た目は落ち着いていたほうがいいでしょう。SEなどの仕事は割と自由な社風の会社が多いのも実情のようです。また面接官によっても求めるものが違ってくるので、メイクはナチュラルがいいというの、最も無難な答えだと私は思います。

ナチュラルメイクとはどういった化粧なの?

就活でどうしてもナチュラルメイクが必要になった場合、ではどうすればナチュラルなメイクなの?

ナチュラルメイクとは、化粧をしていながらも化粧をしていないような状態を指すのです。つまり化粧はしてるよ、でも自然な感じだよ、というのがナチュラルメイクの定義なのです。

ナチュラルメイクとは、「すっぴんのような自然な雰囲気なのに、肌がきれいで血色感があり、目鼻立ちもくっきりしている」メイクのこと。そこで大切になってくるのが、素肌のように見えるけれどアラのない美肌づくりと、メイク感はないのにメリハリのあるポイントメイクの2点。つまりベースメイクは、シミやくすみといった肌トラブルをしっかりカバーしつつ極限まで薄く仕上げること。目元&口元は、陰影や血色感を重視して仕上げることが重要になります。

ナチュラルメイクの正しいやり方。ベースメイク~ポイントメイクのコツ、おすすめアイテムまで徹底解説! | 美容の情報 | ワタシプラス/資生堂
「ナチュラルメイク」ってよく聞くけれど、ナチュラルすぎるとすっぴんに見えてしまうし、どうしたら適度なナチュラルメイクになるのか分からない...という人も多いのでは? ナチュラルメイクって、実はポイント...
スポンサーリンク

重要なのは肌の質感や透明感

ナチュラルメイクを心がけるなら、化粧に必要な下地を作ってその上に余り濃いメイクを乗せないのがポイント。

ベースの下地だけでは隠しきれない肌のシミやくすみなどはコンシーラーでうまく隠しましょう。

シミやくすみなどはどうしても出来てしまうものですし、生まれつきあざがあると言う方もいらっしゃいます。

隠すのがマナーと言うのはちょっと頂けない気もします。

ただ、就職するために必要な儀式として私はやってきました。

もっと女性が自由になれる世の中だと良いとは思います。

コンシーラーなどもナチュラルな仕上がりになるものを選ぶと良いと思います。世の中はどうしてもナチュラルが好きですからね(笑)

ナチュラルメイクを一言で言うと、化粧っ気を出さないことだと思います。眉毛も明るめのものを入れるよりは暗めなもので自然なままの眉毛を強調するようにしてみると良いと思います。

元から濃いと言う方は整える程度で良いでしょう。

きりっとした印象を与えることが重要ですし、意思の強さと言うのは見た目の印象で伝えることも出来るのです。

裏を返せば人事部の人間だろうと、面接官だろうと印象で決めるのです。ほぼ間違いないと言っても良いと思います。

特に重要なのはチーク

チークは流行りの濃い目のものを入れないようにした方が良い。

チークで顔の印象が大きく変わるので、出来ればチークを入れたらハイライトなどでぼかして自然な感じの肌の赤みを出した方が良いかと。

赤みを出すのは血色が良いと言うことで若々しさのイメージにつながりますし、明るさも強調出来ます。

コツはフワッと入れる、です。余り濃い目をがっつり乗せるような10代のようなお化粧は逆に印象を悪くする可能性があります。

もちろん就職を考えている業界にもよりますが、お堅いイメージの銀行では余り明るめの印象は軽く見られてしまう可能性がありますので、メイクなんて知りません、くらいなウブな気持ちでお化粧をすると結構良い仕上がりになるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました