【安定したキャリア】生活相談員として働くこと

生活相談員として働く画像 転職

生活相談員の求人について調べてみました。生活相談員として介護福祉事務所で働くためには資格が必要になります。

生活相談員はソーシャルワーカーと呼ばれ、資格を必要とする社会福祉主事の求人となるよう。

生活相談員となるには、介護福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格の資格のうち、1つ取得していれば生活相談員として働くことが出来ます。

特別養老老人ホームなどで働くためには、これら3つの資格のうち一つを取得してる方が生活相談員として配置される必要がありますので、生活相談員として働くには3つの資格の1つを取得することが必要。

スポンサーリンク

生活相談員の仕事内容は?

社会福祉士の仕事は主に介護の現場などで、介護を必要とするご老人の方や障害者の方をサポートするのが仕事になりますから、福祉関係の施設などからの求人になります。

仕事については、介護の現場で直接働くと言うよりは、デイサービスや老人ホームなどへ入られる方々との面談やサポート、さらには契約などのサポートという面が強く、時には入寮される方と面談をして介護内容などについての擦り合わせなどを行う役目。

もちろん、施設によっては生活相談員が介護職を兼ねることもあります。人手が少ない場合や小規模のホームなどではこういった兼職が見られます。

ご老人の生活状況などを聞いて的確なアドバイスをするのが生活相談員の仕事ですが、やはり老人ホームやデイサービスセンターなどからの求人が多いかも。

生活相談員の仕事は相談を受けるだけではなく、介護福祉士としての資格を活かして介護の現場にも実際に出て働く仕事です。社会福祉主事の資格はそう考えると介護の現場や医療の現場でスキルアップを目指す人のための資格であり、資格手当なども取得後には出るものなのかも知れません。

スポンサーリンク

生活相談員からのキャリアパスは?将来性は?

キャリアを積んでいくとどうしてもその証明としての資格があればステップアップが出来ることは多々あります。ケアマネージャーなどから事情を聞いてお客様の生活の様子などの相談などに乗るのが生活相談員の仕事です。

生活相談員と言うのは資格職ではなく、一人必ず福祉施設に配置されなければならないので、開所するデイサービスや老人ホームなどからの求人はあるはずですし、資格を持っていることは有利に働きます。

仲介役としての役回りが多く、通所される方やそのご家族の考えなどをケアマネージャーに伝えてより良いサービスを提供していくのが生活相談員としてのおもな役割。

いきなり生活相談員として働くのではなく、ある程度現場などで介護業務を知っていることも重要。

そう考えるとまず現場に出て現場の介護業務を知ること、これが大事かも。

ケアマネージャーとして働く

やはり給料の面で考えると、給与の良い役職に就くことが大事。介護業界が成長産業ですし大手の参入も相次いでおり今後は期待できます。

つまり生活相談員として働くことも大切ですが、大手が入ってきたことで介護職もケアマネージャーも全体的な給料の底上げが始まる可能性は高い。

生活相談員としての相談援助業務をこなせば、ケアマネージャーとしての資格を取得する要件を満たします。

①特定の国家資格保持者
医師、看護士、薬剤師、社会福祉士、介護福祉士、柔道整復師、栄養士等などの国家資格を保有しており、5年以上、900日以上の実務経験がある方。

②相談援助業務の従事経験者
法令に基づいた施設や事業所において、5年以上、900日以上、施設必置相談援助業務や法定相談援助業務等の実務経験がある方。

③介護業務の従事経験者
社会福祉主事任用資格、または介護職員初任者研修などを修了したうえで、5年以上、900日以上の介護業務の実務経験がある方。

介護業界のキャリアアップ・キャリアパス|介護の求人あるある
介護の仕事はまだまだ女性が中心と言われています。とは言え、施設の介護職には男性職員も多く、男性ヘルパーも増えてきました。 成長産業と呼ばれ、今後利用者様やケアする職員の増加が見込まれる介護職には、はたしてどのようなキャリ

契約などを取るのも生活相談員の求人の仕事になるのかも知れません。生活相談員は介護福祉主事の資格を取得するとなれるのですが、介護の現場での実際どういった内容の仕事をしているのかということについて詳しくなければなりません。介護の計画などを練って独立を支援するのが仕事です。

生活相談員の求人ではどのような待遇になるのでしょうか。レオパレスなどはショートステイのデイサービスなどを提供していますが、生活相談員の求人があるかも知れませんね。求人の待遇は正社員でも月給はどのくらい貰えるものでしょうか。

社会福祉士の資格を取得しているということで介護職員よりも手当がつくのかも知れませんね。相談員の求人ということで夜勤などはない仕事のようです。介護の現場で一緒に働くとなると夜勤などはあります。

スポンサーリンク

生活相談員としての給与

生活相談員としての給料はどのくらい?

出来れば高いほうが良いのは当然。

ただ、今のところホームによってはケアマネージャーが生活相談員を兼務しているところも多く、生活相談員としての給料は正確には出ていません。

ケアマネージャーであっても400万円くらいと言うことですが、今後は期待値が高いと言って良いでしょう。

正社員としての登用されるのであれば経験がものを言います。ケアプランの策定や実務経験が長ければ長いほど給料は高くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました