宮本亜門のガンの状態は?再発はあり得る?

宮本亜門さん、前立腺がんで転移なし!良かったですね。 宮本亜門が会見でがんであることを公表して検査した結果、他の臓器などへの転移がなく、がんの状態もステージ2ということで冷静に検討を重ね、早ければ5月くらいに前立せんの全摘出手術を受けるそうです。

また会見で宮本亜門は生きている喜びなどについて 「まだ生きていていいんだと言われたような気持ちで、幸せ者です」 という風に心境を語ったそうです。

スポンサーリンク

宮本亜門の前立腺がんが見つかった経緯は?

がんが見つかった経緯は何とテレビ番組の企画で人間ドックを受けたことがキッカケだったそうです。なんともまぁラッキーといいますか。

2月28日にTBS系「名医のTHE太鼓判!」にて検診を受けた際にがんが見つかったということ。 やはりがんと診断されれば誰でも落ち込んだりするのは当然ですよね。宮本亜門もがんと診断されて落ち込んだそうです。

人間健康なうちはいつまでもこの健康が続くものと思っているというか、まさかがんになるなんてと思うものでしょう。 なんとなーく受けた人間ドックでがんが発見されるなんてなんという奇跡なのかと思います。ほんとラッキーなのかもしれません。

ただ、ご自身にも自覚症状などはなかったようで、がんと診断されて初めて気づいたといいます。 また検診を受けてがんであることがわかってもニューヨークへ仕事へ旅立つなど精力的に仕事をしている様子。

自覚症状が出ないと楽なのかなーとも思います。 これだったらむしろ風邪ひいてたりするほうが体にはつらいですよね。

がんというのは本当に病気なのかなーともちょっと考えてしまいますね。

「名医のTHE太鼓判!」では数々のタレントの病気を発見している番組で有名どころではクロちゃんでしょうか。 クロちゃんは糖尿病2型と、慢性腎臓病と診断されたのですが逆ギレしてSNSがまた大炎上。

スゲーなこの人のキャラ。

ただその後2018年には脳動脈瘤が見つかってこれは手術したみたい。 まあ、脳だからね。

スポンサーリンク

宮本亜門の経歴は?どんな幼少期だったの?

宮本亜門を知らない人も多いかもしれません。そんな方のために宮本亜門の経歴を調べてみました。

幼少期からの母の影響?茶道や日本舞踊なども

宮本亜門の経歴 1958年 1/4日生まれ。 喫茶店を営む両親の家に生まれる 幼少期から松竹歌劇団専属の元ダンサーの母の影響が強く歌舞伎座から日劇、映画館などに通う日々。

幼稚園時代には日本舞踊を習い始める。 小学校時代には茶道をたしなむ様になり将来を家元になることで夢見るように。

その影響から仏像などの美に取りつかれ、中学生になるころには小遣いをためて京都などへ仏像を見学しに行くように。 高校では学校内では孤立して家にこもるようになる。

高校1年で不登校。

自室でミュージカルやクラシックなどの様々なレコードを聴きあさる。 精神科の治療を受けて復学し、感銘を受けたミュージカル、『ゴッドスペル』を自身主演で演劇部で上演。 キネマ旬報に記事となる。

その後玉川大学へ進学。4年時に親には内緒でミュージカルのダンサーのオーディションを受け合格。見事ダンサーとなり大学を中退。

以後ミュージカルなどに出演しながら演出の勉強もし1987年に演出家としてデビュー。今は演出家として認知されていますね。

スポンサーリンク

宮本亜門のがんの状態は?

発見されたがんの状態は比較的早期のステージ2で、生存率では前立腺がんであれば大体8割から9割は5年後も生きていますよっていう感じのもの。

ただ、番組ではグリソンスコアが8とされていたため、悪性の可能性が高かったそうです。

グリソンスコアとは?

前立腺がんの病巣は一塊ではなくミンチ状に分散していることが多く、またその細胞の種類も均一ではなく、 悪性度の異なる複数の細胞が混在しているのが普通です。 こうした前立腺がんの性質を臨床上簡便に把握する方法として、1966年、グリーソン(Dr.Gleason:米国)によって考案されたのが グリーソンスコア(GS)です。 顕微鏡下でがん細胞の顔つき(構造異型)を判断し、 悪性度(1~5、数字が大きいほど悪性)を判断しています。 異型細胞の占める割合の最も多いものの評価をプライマリーパターン、次に多いものの評価を(*)セカンダリーパターンと称し、 その両者の和をグリーソンスコアすなわちGS(2~10)と称しています。 プライマリーパターンとセカンダリーパターンの両方を合せて表記する(例:「4+3=7」)のが正確な表現ですが、 簡単にその和「7」だけで表現する場合もあります。 したがって、同じ「7」でも「4+3」と「3+4」は意味が異なるわけで、もちろんプライマリーパターンの数値が大きい前者の方が 悪性度は高くなります。 ・低リスク:GS= 5~6 … おとなしい子 ・中リスク:GS= 7 … 普通の子 ・高リスク:GS= 8~10  … 性質の悪い子(増殖が早く再発・転移しやすい) http://pros-can.net/01/01-2.html

http://pros-can.net/01/01-2.html

検査の結果大きながんじゃなくてよかった、というのが正直な感想でしょう。

でもまぁ何と言いますかとても大々的にセンセーショナルに宮本亜門ががんだったみたいに報道されててもう手遅れくらいなように感じたので良かったのかなぁとも思います。

宮本亜門がかかっている前立腺がんとはどんなガン?

宮本亜門が罹患した前立腺がんとはどういうガンなのでしょうか。 以前は前立腺がんが死因となったタレントというとあまり記憶にないのですが、前立腺がん自体が老化でかかるようながんともいわれていますね。

前立腺がんが原因となって死亡するような病気ではないみたいです。今はかなり前立腺がんの治療法も確立されているようだし、あまり心配しすぎるようなことでもないのでは?とも思えます。

ガンを発症したのが60代というのも幸いしたのかも。 宮本亜門ももう60代ですからね。 これが若いうちだったらちょっときつかったかもしれないけど、60代であれば老化とも考えられます。

そうであれば前立腺がんは老化の一種ともいえるわけです。

宮本亜門の前立腺がん治療は?予後は大丈夫?

前立腺がんについては亜門さんは前立線を全摘出することを決意したそうです。転移も検査結果ではなく、予後もよさそうですからガンになった前立腺を全摘出することで一応ガンはなくなるわけですからね。

前立線ガンは両性のものが多いので、しっかり治療すれば宮本亜門さんのように予後もよく何事もなかったように生活できるのではないでしょうか。

前立腺を全摘出するとどうなる? 後遺症は?

前立腺を全摘出すると後遺症なども気になります。 前立腺を全摘出する際に周辺の筋肉などが傷つくことがあり、それが原因で尿漏れなど排尿コントロールが難しくなることもあるそうです。

対策としては尿漏れパッドをつけること、尿道カテーテルなどを入れて尿を出すことなどがあるそうです。

放射線治療を行った場合はだるさが出たり照射された部位に痛みや出血による血尿などが出たりするそうで治まるには数か月要するよう。 https://ganjoho.jp/public/cancer/prostate/follow_up.html

また性生活についても勃起障害が起こる可能性はあるようです。 http://www.nurs.juntendo.ac.jp/file/iryokangokenkyu14_1_05.pdf

周辺の神経をすべて切除するため勃起神経がなくなり、性欲は衰えることも考えられますが勃起に関して問題が起こるそう。

ある程度年配になるとガンの進行も遅いため、例えば60代でガンが見つかったならば切除せずにそのままガンと一緒に生きる、というのも一つの選択肢かと思います。

宮本亜門さんはガンを切除することを選んだわけです。 前立腺にできたガンが悪性のものである可能性が高い、ということからも切除を選択したのかと。 切らずにおいてもそのまま生きることができるわけで、切らない、切除しないという選択肢もあったかと思います。

宮本亜門さんは切除を選択し、前立腺を全摘出することとしたそうです。

まとめ

予後もよさそうですし、宮本亜門が前立腺がんが原因で寿命を縮めるということはなさそう。それよりも前立腺を全摘出した後の後遺症が心配です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました