【カップルにおススメ】龍馬ゆかりの地を巡る烏丸、河原町の京都旅行プラン!

坂本龍馬・中岡慎太郎遭難地 国内旅行

明治維新を目の前にひかえ、坂本龍馬が血気盛んに駆け抜けた所は今や市内きっての繁華街に大変身です。しかし要所要所には、しっかりとその時を刻まれる石碑が建っています。さすがに歴史を引き継ぐ京都の体質が表れていますね。

スポンサーリンク

カップルにおススメ旅行コース龍馬を巡る

今回ご紹介していない石碑や石像も、こちらのコースにたくさんあります。活躍時代も人物も様々ですが、京の歴史を感じながら、是非、見つけてください。

最寄駅 京阪「祇園四条」

うさぎのアトリエぴょんぴょこぴょん

入り口脇のディスプレイには、季節感あふれるかわいいウサギたちが物語を演出している。道行く人にもファンが多い。あなたのココロにある感情を、日常にトータルに演出したい。かわいいや美しいだけではなく、普段使いなものにココロの統一感を与えたい、をコンセプトに、店にはウサギの雑貨が並ぶ。一体ずつ手作りで様々な表情を持つ。

うさぎのアトリエぴょんぴょこぴょん
京都市中京区先斗町四条上ル下樵木町2丁目207番地
075-212-0441
営業時間 11:30~23:30
定休日:不定休

坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地

京都いちばんの繁華街・河原町の片隅にひっそりと建つ石碑が、慶応3年11月15日に坂本龍馬と中岡慎太郎が刺客に暗殺された近江屋があった場所である。この石碑があるだけであるが、龍馬ファンにとっては聖地の1つである。現在の河原町商店街、京阪交通社のあたりである。

坂本龍馬・中岡慎太郎遭難地

坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地
京都市中京区河原町通蛸薬師下る塩屋町330番地

酢屋 龍馬寓居跡(りょうまぐうきょあと) 

『酢屋』は280年以上続いている材木商である。幕末には大阪から伏見、京都へと通ずる高瀬川の木材の輸送権を独占しており、非常に繁盛していた。龍馬はここを海援隊京都本部にし、主人の酢屋嘉兵衛は支援していた。

酢屋 龍馬寓居跡
京都市中京区河原町三条下ル一筋目
入館時間:12:00~18:00
定休日:月曜日

4.海鮮茶屋池田屋はなの舞

新選組が討幕派の志士たちを襲撃した「池田屋事件」の舞台となった旅籠池田屋の跡地に地元の商店街振興組合や東映太秦映画村と連携しオープンさせた飲食店。幕末時代を思わせる内装にし、当時の帳場や「池田屋階段落ち」をイメージして作った高さ約8メートルの大階段もある。

最寄駅 京阪「三条」

海鮮茶屋池田屋
京都市中京区三条通河原町東入中島町82申和三条ビル
075-257-8122
営業時間:16:00~24:00 (金・土~1:00)
11:00~23:00 (日・祝)

うさぎのアトリエ前にあるうさぎのディスプレイは、季節ごと、行事ごとにタイムリーに置き換えられています。地元でも変化するたびに写真を撮りに来るファンもいるんです。何度か足を運ぶと楽しさも倍増しますね。

スポンサーリンク

アニメの世界観で楽しむ京都

京都の歴史はもちろんのこと、昔ながらの文化や生活を肌で感じると共に、現代のファッションやアニメの世界にも敏感な京都が楽しめます。

カップルでも楽しめて文化を感じられるプランが良いと思います♪

こちらのコースの行く道に並ぶ建造物は、昔ながらの年代を感じるものが多く、現在はホテルや銀行となっていても、歴史ある建物の前には(旧○○…)と記されているものが多いので、違った楽しみ方もできるんですよ。

最寄駅 地下鉄「御池」
      市バス「烏丸御池(からすまおいけ)」

京都府京都文化博物館

京都の伝統文化を様々な角度から展示・紹介している。1906年建築のレンガ造りの別館は、旧日本銀行京都支店の建物で重要文化財に指定されている。本館1Fでは、江戸時代の京都の町並みをイメージしたろうじ店舗があり、食事や京都に関連するショッピングが楽しめる。

京都府京都文化博物館
京都市中京区三条高倉三条上る東片町
075-222-0888
営業時間:10:00?19:30(特別展は?18:00)
休業日 月曜日(祝日の場合は翌日)

新風館

926年に建てられた旧京都中央電話局と新館を融合させたオープン型アンチモールである。ファッション、インテリア、カフェなど個性豊かな40店舗ほどが軒を連ねる。ベンチスペースなどもたくさん用意されており、中庭でのイベント企画や休憩したい時に寄るなど、京都のコミュニケーションスポットになっている。

新風館
京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2
営業時間:11:00~23:00(ショップ~20:00)
定休日:不定休

京都国際マンガミュージアム

元龍池小学校の校舎を利用した味わいのある建物をりようし、地下一階地上三階建てに建てられている。館内には、140メートルに及ぶ書棚に約5万冊のマンガが収納されているマンガの壁があり自由に読むことが出来る。また、自由に中庭の芝生に持ち込んで読むことも可能。イベントも数多く企画され、国内外からたくさんの人々がここを訪れている。

京都国際マンガミュージアム
京都市中京区烏丸通御池上ル
075-254-7414
営業時間:10:00~18:00
休業日:水曜日

漫画ミュージアム

香老舗松栄堂(こうろうほしょうえいどう)

宝永二年創業の300余年続く、お香の専門店。日本で初めてお香をアメリカに輸出した老舗である。店内には、宗教用の見たこともない香から日常用のお香まで数多く販売されている。香の伝統を守る一方、現代の暮らしに新しいお香のスタイルを提案し、匂い袋などは手軽に楽しめる。

最寄駅 市バス「烏丸二条(からすまにじょう)」

香老舗松栄堂
京都市中京区烏丸通二条上ル東側
075-212-5590
営業時間:9:00~19:00(土・日・祝は~17:00)
定休日:無し(年末年始休)

京都国際マンガミュージアムでは、コスプレイベントが毎月開催されています。開催日には、周辺にコスプレイヤーがわんさか出没され、見ているだけでもわくわくしますよ。

それでは、お気をつけていっといでやす!

コメント

タイトルとURLをコピーしました