女性のフリーターと言う働き方は将来をどう考えるかによる?

女性のフリーター画像 転職

女性の就職のスタイルは多様化していますが、正社員のポジションに就かずにフリーターとして将来を過ごす場合、どのような人生になるのかということを考えてみました。

女性のフリーターの割合は大卒でも約10パーセント弱はあるそう。
やりたいことがある、海外留学や大学在学中になしえなかったことなどを追いかけたい、という人も中にはいらっしゃいます。

スポンサーリンク

女性のフリーターと言う働き方

女性だけではなく、働き方もかなり多様化している昨今で正社員にならずにフリーターとして働き続けることは難しいことではないと思いますが、それでもどこかに属さずにアルバイト、としてだと将来的に結婚をしないと言う選択をすると昇給するような仕事でスキルを磨き続ける必要もあるかもしれません。

しかし、それが長い間続けられるかというとそれはどこかで幕引きを考えなければならないかも。

例えば大学を卒業した女性がフリーターとして働いていられるのはどのくらいでしょうか。

将来的にずっとフリーターと言う選択は可能でもありますが、それを続けることのデメリットも今の社会では考慮する必要はあるはず。

もちろん『好き』を仕事にする、と言う場合は昇給も正社員のポジションすら要らないと言う人もいると思います。ただ、年をある程度取ると後戻りも出来ない状況にもなりそうではあります。どれくらい覚悟を持ってやるかが大事かもしれません。

スポンサーリンク

女性のフリーターの社会的な地位

働き方が多様化していると言っても、女性でフリーターを選択するということは社会的に見てどう見られるのでしょうか?

今後結婚の予定があるのでフリーターとして就職先を見つけず、アルバイトとして派遣先などで働くということは私は悪いことだとは思いません。実際、私の妹がそういった働き方をしていましたし、結婚後もフリーターやパートタイマーとして働き続け、出産を経てまたフリーターとして別の職場で働いております。

結婚後は旦那の扶養の範囲内で働くことも可能ですよね。フリーターとして一日6時間から8時間ほど働き残業をすることもあるのでバイト先から残業手当も貰える給与形態で派遣社員として働けば、月々のお給料は大体手取りで23万円から多い時残業代が出て30万円位ですが、ボーナスはありません。

スポンサーリンク

フリーターより派遣社員のほうがお得?

女性が派遣社員として例えば派遣先からもらう年間の給料は年収にして約320万円位でしょうか?女性の平均年収はOLとして事務職をしている女性などは平均年収はだいたい300万円位のようで、それも残業代などを入れてですから女性が派遣社員として働くとしたらOLの平均年収よりも上回る計算になります。

参考
https://woman.mynavi.jp/article/150201-10/

女性がフリーターとして正社員雇用でない形態で働くとしたら数字上は悪い計算ではないはずです。加えて結婚も控えて居るという場合には自由になる時間も多く取れる可能性がある、派遣者のほうが自由度としては悪くはないですね。

やりたいことがあって派遣社員でも時間の融通が利きそうなら、派遣社員のポジションのほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

フリーターの平均給与の比較は

でも東京都の女性のフリーターの平均と沖縄や九州、北海道のフリーターの賃金とは比較しづらい部分もあるかもしれませんね。都心部ではそれなりに物価も高く、女性がフリーターとして都心部で生活を続けるとなるとそれなりに収入がないと生活費を稼ぎだすだけで精いっぱいになってしまい、余裕のある生活をするならば、スキルを身につけてどんどん転職し続けることで専門分野などにも強くなり、資格を取得するということで自給を上げることも出来ますね。

スキルを上げ、転職を繰り返してスキルアップして資格を取得し続けるということができるなら女性がフリーターとして働き続けることは正社員で働くよりも技術は身について行くかもしれません。

スポンサーリンク

フリーターから正社員にステップアップも可能?

フリーターとして働いているのであれば同じ職場で正社員の登用もない話ではありません。

ただ、企業によってはフリーターをアルバイトとしてみなしているところもありますし、一概に正社員になれる、ということもなさそう。

ただ、全く無理な話ではないとは思いますし、実際のところフリーターを正社員に登用したと言う会社もありますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました