【まずは3年】バスの運転手になるには。必要な資格と取得までの道のり

バス画像 転職

バスの運転手の求人について調べてみました。運転手と言う職業に就くにはどうやったらなれるのかについてです。

バスの運転手の募集は電車の中でよく見かけるのは私だけでしょうか。中吊り広告ではないのですが、京成線や小田急線に乗っていると、バスの運転手募集と言う広告を見ます。

スポンサーリンク

バスの運転手は資格が必要

バスを運転して公道を走るには普通車の運転免許証のほかに大型第二種自動車運転免許と言う特殊免許が必要です。

大型第二種自動車運転免許は資格免許なので、持っていることで就職に困らなくなったりと言うメリットは大きいのですが、取得するには普通自動車免許もしくは大型一種自動車免許を取得して3年経ってから受験資格が与えられます。

運転手になるには資格取得が先

運転手になるには資格が必要なので、公道を走るために大型第二種自動車運転免許が必要なので大型第二種自動車運転免許を取得しないと実際に給料を貰って旅客を運ぶことは出来ないのです。

その大型第二種自動車運転免許を取得してからでないと就職できないのかと言うとそうではなく、年齢制限があるバス会社もありますが、入社後に会社負担で資格を取得させてくれる会社もあります。

独身者で未婚であれば家族の生活費が必要にならない場合は研修生として入社して会社負担で大型第二種自動車運転免許を取得することで運転手になることも可能。

また会社によっては、事務職でデスクワークをメインにする職種で新入社員を雇って、そこから社内の転職制度で運転手を育成してくれる会社もあります。

違う見方をすると、それくらいバスの運転手は必要とされていると考えることが出来ます。

社内の補助制度も様々なので色々なバス会社の求人を比べよう

大型第二種自動車運転免許の資格を取得する資金を会社が補助してくれるケースもあると言いましたが、補助の範囲は会社によってまちまちであるケースがあります。

全額負担の会社もありますし、負担した分を数年かけて返していく制度もあります。これは大型第二種自動車運転免許を取得した後にすぐ辞められてしまったら援助した分が無駄になってしまいます。

資格を取得するためだけに入社してすぐに辞めるケースを防ぐためにもある程度必要な制度だと思います。

AT限定だとダメ

大型第二種自動車運転免許を取得するに、普通自動車免許が必要とありますがAT限定免許ではたりません。バスはマニュアルでギアチェンジを自分で行いますので、マニュアル車MT免許が必要です。

AT限定は女性も男性もAT限定で取る人が最近増えていてオートマ車はとても楽なのですが、バスを運転するにあたってはマニュアルになれる必要がありますね。

スポンサーリンク

バスの運転手の求人を探す!

バスの運転手といっても観光バスから都バスや路線バスなどもありかなり多くの種類の求人がありそうですが、バス運転手の仕事はバスを運転して人を運ぶということです。大型二種免許の資格が必要になる求人であります。

運転手の求人を出しているのは観光会社やバス会社などが主になるのでドライバーの求人ということになります。

バスの運転手になりたいという方は正社員として別の仕事している方でも夢を持っている方もいらっしゃるとは思います。

通常の流れでいうとバスの運転手の求人は大型二種免許を取得後バス会社や観光会社などへ就職という流れが一般的だとは思います。
神奈川でいうと神奈川中央交通が神奈川県を多く走っている路線バスですが、神奈川中央交通のバスの運転士の求人などは中途での転職などを採用しているのでしょうか。

夜間の高速バスの運転士などはどうでしょうか。都内で有名なバス会社ですと京王バスがありますが、京王バスからのバスの運転士の求人も割とあるかも知れませんね。

運転手の待遇という面でいうとトラックのドライバーなどのイメージですと高給なイメージがあり稼ぎたいならトラックの運転手の正社員というイメージもあったのですが、バスの運転手の給料などはどうでしょうか。

待遇面でいうと自社バス路線の乗り放題などもあるのかも知れませんね。勤務の形態などは2勤して休みというようなシフト形式になるのでしょうか。

不況下でも人が移動する手段としては必要なバスを運転するのが運転士の仕事ですから求人も中途採用の正社員募集もあるのかも知れませんよね。

月給でも平均的に30万円の待遇というところも多いということですが、熟練して運転に精通しているバスドライバーならばそれ以上の待遇ということもありそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました