【高年収!】メディカルライターになるには?

メディカルライターになるには画像 転職

メディカルライターの仕事とは、薬事申請の手続きのコンサルタントなどを行う仕事で企業に勤めるメディカルライティングの仕事をこなすライターとフリーランスでのメディカルライターの仕事があるようですが、企業からの求人でメディカルライティング業務を専門に行っている企業などもあります。

スポンサーリンク

メディカルライターになるには

メディカルライターになるには、医療専門の知識を持つことが当然必要になります。ライターと言っても読ませる記事を書く仕事もありますが、一般的に言ってメディカルライターとは医薬品や医療機器などを海外からの輸入に際しても薬事の申請が必要になるのですが、企業に属する正社員としての求人があるメディカルライターとしては、薬事申請の資料を作るのがメインの仕事と言っても良いでしょう。

もしかすると輸入に関しても詳しくないといけないメディカルライターの求人などもあるかも知れません。

この仕事では書類作成のスキルなども重要視されるようです。経験やスキルと知識に裏打ちされた実績がものを言いそうな職種ですが、どのような分野からの転職者が多いのでしょうか。

日本の市場で流通させるために必要な薬機法の許可を取るために資料を作成するのがメインの仕事でありますから、それに付随して教授の論文作成の補助などを行うこともあるのだとか。

かなり仕事は多岐にわたると言っても良いでしょう。

もちろん企業の製品のPRとして外注した記事をチェックすることもあるかも。薬機法関連の知識は当然ながら必要になります。

ちなみにですが、薬機法関連の知識と言うのは経験がものを言いますし、新しい知識を常に吸収していく姿勢も必要。

ほとんどの場合、必要な書類については厚生局のほうから指示されることがありますのでそれを用意します。

つまり経験則としてどういったものが必要になるのかが予め予想がつくと仕事のスピードも格段に上がっていくと言うわけです。

薬機法と言うのはこういった製品を日本の市場で自社の責任のもと流通させます、と言う申請です。薬はもとよりダイエット製品や時にはサプリメント、化粧品類なども当然扱う品目になります。

また日本では個人輸入においてもときに数量が規定数を超えていると薬機法の申請をしなければならないこともあります。個人輸入をサポートすると言う会社もあります。

スポンサーリンク

メーカーでのメディカルライターの仕事の幅

メディカルライターとはただ薬機法の申請の書類を作成するだけではありません。海外からの輸入製品に関して言えば、ドキュメントや申請書類の作成の仕事もありますし、また海外の生産工場などとのやりとりなどもあったり、製品が実際に到着する前に臨床や薬理、統計についても当然高いレベルでのスキルが必要になります。

これがメディカルライターや薬機法の申請は経験がものを言う、と言った理由です。

かなり高度な英語のスキルなどを必要とするメディカルライターの求人は当然にメディカルライターとしての必要なスキルだけではなく英語での高度なディスカッション能力とまとめる力などが要求されます。

転職希望者は医療品や医薬品の開発などに携わったことのある人などで、製薬会社などに勤めていた経験のある人で英語力のある人ということになり、チームをまとめる力が必要なためマネジメント力も要求されます。

薬剤師の転職としてメディカルライターの求人に転職希望で応募することなども可能かもしれませんが、英語力などが必要になったりグループのリーダーとしての経験が応募要項にあることもありそうですね。

メディカルライターを別の面から仕事を考えると、翻訳業務などの仕事の一つになりそうです。

メディカルライターの求人では待遇面などはどうでしょうか。メディカルライティングの仕事は高給の仕事として有名ですが、年収でいうと1000万円位の仕事になるのでしょうか。専門性の高い仕事の求人で特に医薬品や医療品の関係の求人ですから一般的にはあまり表に出ない、ヘッドハンティングが主流の求人かも。

スポンサーリンク

メディカルライターに未経験でもなれる?

未経験からメディカルライターになった方もいらっしゃるのですが、当然のことながら薬機法の知識が豊富ではない場合は、他にアピールできるスキル、英語力が必要でしょう。

例えば上述のように翻訳業界にいた方はそのスキルを活かして大きなチャレンジが出来る可能性は高い。

基本的にメディカルライターのベースとなるのは理系の知識であります。しかし、英語に慣れ親しんでいるのであればそれを応用することは可能。

薬機法系の文章を読み慣れてしまえば読むことは難しくはないでしょう。あとは知識がついてくるかどうか、そこをアピールするのが良いかと思います。

もちろん企業が即戦力を求めていたら難しいケースもありますが、ある程度育ててくれるところであれば英語の豊富な経験とスキルを存分に活かせるはず。

意外と薬剤師からの転職が多いと聞きますが、薬剤師が同時に英語力を備えていないケースもあるはず。もし未経験からメディカルライターになりたいと言うなら、薬剤師が持っていない英語力で突破するのが一つの方法かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました