【3年でクビ?】厚労省が出した3年で派遣社員の時給3割アップが雇い止めを加速する理由

派遣社員3割アップ 転職

派遣社員がそのポジションに3年いた場合は自給を3割上げる措置を、と言う指針を厚労省が出しました。

派遣社員 3年勤務なら時給3割上げ

厚生労働省は派遣社員に勤務年数や能力に応じた賃金を支払うよう人材派遣会社に義務づける。同じ業務で3年の経験を積んで業務内容が変われば、初年度より賃金を3割上げるなど具体的な指針をまとめた。「同一労働同一賃金」の制度が2020年4月に始まるのに合わせ、正社員との賃金差を縮小する。

派遣社員、3年勤務なら時給3割上げ 厚労省が指針
厚生労働省は派遣社員に勤務年数や能力に応じた賃金を支払うよう人材派遣会社に義務づける。同じ業務で3年の経験を積んで業務内容が変われば、初年度より賃金を3割上げるなど具体的な指針をまとめた。「同一労働
スポンサーリンク

3年で3割アップが非現実的な理由

派遣社員のポジションが何故に増えたか、というのは以前の記事を読んでいただければ分かると思いますが、企業が売り上げを上げるよりも楽に業績を良くすることが出来るのが人件費の削減です。

経費を削ればそれだけ利益率が上がるのは当然で、売り上げを上げるために四苦八苦するよりも手っ取り早いのが人件費の削減なことは経営をしていなくても分かるものです。

特に人件費と言うのは、一旦雇ってしまうと簡単にはクビに出来ませんから経費であってもかなり長い間コストとして残るものです。

消費税は上がる、保険料は上がる、といった税による負担が増している中、賃金を上げろとはとにかくむちゃくちゃです。

派遣社員を入れる理由は正社員として掛かるコストを削減する目的があるので、3年後に3割上げろと言われたら、雇い主は3年後に派遣社員との契約を継続しないと言う道を選ぶのではないかと思います。

派遣社員は3年以上は続けられないことが決まった

あなたが私と同じように派遣社員として同じ職場で10年以上働けるチャンスと言うのはもうありません。むしろ、3年で放りだされる覚悟をしなければなりません。

理由は上記に述べたとおりです。

経営者であればコストが嵩むのであれば、安い方になびくのは当然です。

3年後に3割上げなければいけないのであれば、3年後に契約を更新しなければ良いんです。
ただそれだけになります。

また、経営者側の視点で言うと、3年後に3割も自給を上げる利益を出せているか分からない、むしろ無理だ、という意見もあります。

派遣社員の立場を本当に改善しようとしているのか疑問

強制的に3割上げなければいけない、となれば派遣社員との契約を更新しなければ良いだけの話です。

そう簡単に更新しないことが出来るのかと言えば、出来ます。

雇い主側の経営的な理由により、雇用を維持できないと言う理由であれば雇い続けられない訳ですから更新できないことに何ら問題ありません。

同一労働同一賃金が結局は派遣社員の待遇改善を狙ったものではなく、結局は正社員の給料を合理的に減らすことにすり替えられているように思われます。

スポンサーリンク

今後、正社員の賃金も合理的に下げられていく?

安定と言う幻想のなか、正社員と言うポジションがどんどん手の届かないものにされていき、(実際は労働奴隷)派遣社員でいることよりも正社員でいることのほうが安定していると言う幻想を深めていくのでしょうか。

もちろん正社員は安定しているかもしれませんが、しかし労働して対価を得るのであれば当然のことながら権利は守られなければなりません。

安定(クビを切られることが無い)ポジションで居たければ、安い賃金でも我慢できるよな?と言うメッセージかもしれません。

結婚して家を買い、子供が生まれ、家族の生活がある。

誰もが普通の生活を営む権利があるはずですが、今後結婚も出産も正社員と言う特権階級だけが許されるようになるのかもしれません。

正社員で働き続けようか、それとも縛られずにフリーで生きようとと悩んでいる方、これでもフリーを選びますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました