色んな人生があっていい?学校に行かなユーチューバーゆたぼんさんは応援するべき?

ユーチューバーゆたぽん 生活
ユーチューバーゆたぽん

学校に行かないでユーチューブの動画をアップしている小学生の中村逞珂(ゆたか)さん(10)、『少年革命家 ゆたぽん』として活動しているようです。

スポンサーリンク

行きたいときだけ学校に行くスタイルはどうなんだ?

ゆたぼんさん、小学3年生の時に宿題を拒否、次の日放課後や休み時間にやっていかなった宿題をやらされたことに憤慨して学校に行かないことを決意したそうな。

現在では学校は行きたいときに行く、というスタイルを取っているそうな。ゆたぼんさんは自身を革命家と称して学校に行かない自由をと日々ユーチューブに動画を投稿仲。スゲー小学生だし、親もよく許すなぁ。。

それに対して、楽しんごが

「馬鹿じゃない!不登校は不幸だよー!」とコメント。さらにハッシュタグで「♯不登校児♯馬鹿過ぎる♯天才♯天災だわ」

とツイート

とこれに対し、批判が相次いでいると報道がありましたが、え?それほどでもなくない?むしろ結構的を得たこと言っていると思うけどなぁと私は感じました。

こちらでもこんなク●ガキに相談なんかするな!と一蹴。

周りの反応も同意するものばかりです。
いや、前々温度感違いますやん。

この子が自分の意志でそうしているのであれば構わないと思う方は多数いらっしゃいます。親も寛容なんだな。

スポンサーリンク

色んな意見があっていいし、子供も選択肢があるのは良いこと?

楽しんごの意見は『学校に行かないことは不幸』としたのは、きっと彼は学校に行きたくても行けなかったことがあったからだと思う。学校に行きたいのにいけないというのは確かに不幸だし、その原因がいじめなどであればその原因を作ったいじめる側に問題があるのも当然。また子供を預かる学校側にも問題があるのでは?と思ってしまう。

このゆたぼんさんの夢を熱く語る姿を見ると、イキイキとしている感はあるし大きな夢をもって活動するということに対して私はとても好感が持てると思います。人の幸せというのは人が決めることで、今学校に行かなかったことを大人になって後悔するというのは確かにその可能性はあるかもしれない、けどだからといってやりたく無いことを周りがやっているからとやらせ続けることに意義はあるのか?という疑問も同時にわきます。

結局最後は自己責任論

学校に行こうが行かなかろうが、最終的には自分の責任になります。ゆたぼんさんのように宿題が嫌だから学校には気が向いたときに行くというスタイルなのは、その理由が多分批判のもとになっていますね。仮にいじめがあったから学校にはもう行かない!という理由であればこれほど批判はされなかっただろうし、むしろ称賛を受けた可能性は高いでしょう。

学校に行きたくないから行かなくてもいいというのは、行きたくない理由をすべてごっちゃにしてしまっている感はありますね。
ただ、自己責任論で言えば学校に行かない子供がいても別に構わないのです。そういう意味で言えばゆたぼんさんは自分の人生を生きているのですから、周りがゴチャゴチャ言う必要はないと私は結論に至りました。
その決定を親が商用利用していないか?という点も見逃せないポイントですが、親と子が組んでビジネスをやっているという視点で見れば別に放っておいてもいいのかなとも私は思います。

ただ、やっぱり学校でいじめがあって行きたくないという生徒はいかなくてもいいのではないかと思うのは同意できる。それでも学校に行きたいのにという気持ちがあるのであれば、周りのサポートも当然に必要にはなるのは納得です。

スポンサーリンク

ゆたぼんさんの今後の人生を想像してみる

ゆたぼんさんの今後はどのようになるのか?
学校には行きたくないから行きたいときにだけ行く、という決断を小学校3年生の時に下し、今その通りに生きています。
行きたいときにだけ行く、というスタイルで通るのは義務教育までで今後日本の高校などに入った場合は通う気がないということであれば学校を退学させられる可能性もあります。また高校への進学は出席率なども見られますし、出席日数が極端に少ないと高校すら入れない可能性も今の日本ではあり得ます。

そうすると海外かビジネスの世界などに道があるかと思いますが、そのビジネスだけでつぶしがきくかどうかですが、これまたお節介な想像かも知れませんね。ただ、集団での生活にあるルールを学べない、自分と違う意見を受け入れられるのかどうか?などのリスクはあるのではないかと思います。もちろん、宿題嫌だから行きたくないなら行かなければいいというのは人のうちの子供だったら構わないと思います。

宿題くらいやれ!とか行くのか行かないのかハッキリさせろ!批判

ネットではゆたぼんさんの決定に対して批判もあるようです。宿題やりたくないくらいで学校に行かないなんて!とか、自由登校スタイルを、行くのか行かないのかハッキリさせろといった意見もあります。

これに対してゆたぼんさんのお父さんは反論を繰り広げております。

「これが本当にわがままでしょうか?自分の気持ちに従って生きる事の何がいけないのでしょう。そしてそう言ってくる方に聞きたいのですが、あなたにゆたぼんが何か迷惑をかけたのでしょうか?『行くか、行かないかハッキリ決めろ!』と言う人もいますが、なぜハッキリ決めなければならないのか?」等々。

中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」
中村幸也@心理カウンセラーさんのブログです。最近の記事は「勝手に限界を作っているのは自分」です。

ゆたぼんを応援している人の心理は、『他人事』がある?

ゆたぼんさんを応援する、という方の多くは子供には選択肢があっていいという言い方もしますが、本質的には他人事であると私は思います。私も他人事だから、別にどちらでも良いという意見です。私の子供だったらどうするでしょうか?子供は学校が好きですし、学校に何が何でも行きたいというタイプの子供です。ですから急に学校に行きたくないと言い出したら、何かあったと思います。

ただ今回は人の家のことなので、他人事であるのは当然です。今後ゆたぼんさんが思ったような人生を歩めない場合も他人事であります。成功すればそれは凄いなと思います。

そういう意味で言えば、ゆたぼんさんのお父さんやゆたぽんさん自身を批判しているのはある種の『心配』からかもしれません。お節介とも取れますが、しかし学校のあり方について考え方を持っている方としてみれば、宿題をやらないくらいで、という気持ちになるのも頷けるところもあります。

最終的には決断した方自身が責任を持たなければならないわけです。見守ってやる、とか応援しているという人も誰も責任を取ってはくれないのですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました