フローリストになるための道はこちら。あの人が花屋さんとして成功した理由

フローリスト画像 転職

花屋さんで働く人、花の関係の仕事をしたい方は多く、一般的に花屋さんで働く人をフローリストと呼んでいます。カッコいいですよね、フローリスト。

フローリストになるにはどうった選択肢があるのか、またどういった種類の仕事があるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

フローリストになるには

フローリストと一言で言っても、店舗で働く仕事もありますがデザインをするフラワーアレンジの仕事もあります。

一般的にフローリストと言うのは花関係の仕事全般を言うと思います。いわゆる、店舗を運営するために宣伝も必要ですし、独立すれば経営もやらなければなりません。自分の店舗を持つのであれば、経営者ですから自らを宣伝に使うことも出来ます。

自分の店舗で花を購入してもらうために、まず自身を売り込み、知名度を上げて自分の店舗へ来店を促す、これが一つの王道ですね。

必要な『資格』もありません。

その日から花屋さんを始めることは出来ます。

ただ、運転免許は合った方がベターではあるようです。配達などの兼ね合いで必要ですし、切花を仕入れに行くので市場まで車の運転も必要。

また、体力も必要。結構体力を使う仕事なのです。
朝は早朝から切花を仕入れに市場に向かい、切花を積んだり降ろしたりする体力も必要。

好きでないと続かない?

フローリストになるには意外とすぐになれるので、拍子抜けするかも知れないですが仕事の内容としては経営者と近いものがありますし、また職人的な経験も必要。

ただやはり女性がなるのであれば体力が必要なのは確か。男性だったら、経営者になりたいと言う夢があるのであれば、花屋さんは資格も要らないですし、経験を積める環境にあれば経営者になることはハードルは資格が要らない分下がるかも。

体力が必要ではありますが、ある程度慣れてくるでしょうし好きであれば続けることは不可能ではないです。

現場の仕事と専門学校ではかなり様相が違うことも

お花のアレンジメントの専門学校ではアレンジの基本やいろはを教えて貰えますが、花屋さんとしての仕事は意外と裏方の仕事のほうが多い。

上述したように基本的に店舗で購入してもらうのですから、花を仕入れて売れるまでの間は店舗内で管理する必要があります。

フラワーアレンジの仕事はオーダーを貰ってからの仕事でありますので、自店舗内にアレンジするための花を置いておく必要があります。

花の管理や育成をしなければいけない訳ですから、店舗の仕事は育成や管理がメインとなります。

フローリストの仕事だけではなく花屋として開業するためのノウハウを教えている専門学校もありますが、基本的に店舗内で覚えたほうが早い、所謂習うより慣れろの世界。

スポンサーリンク

フローリストの求人

花屋の仕事ということだけではなく、注文を受けて花を選んでアレンジするのが仕事のフローリストですが、求人はどのようなサイトや求人誌で出ているのでしょうか。

フローリストの仕事はフラワーデザイナーの仕事とどう違うのでしょうか。フローリストとフラワーデザイナーの仕事の違いはほとんどないようです。

フローリストの求人は主にブライダルの現場で出ているのかも知れません。結婚式場や披露宴会場などでのお花の飾りを作るのが仕事になりそうですが、花嫁が持つブーケなどのデザインなども請け負う花屋さんもあります。

結婚式場などでは新郎新婦が結婚式の前にどのような花で会場を飾るかということを前もって打ち合わせしていることもありそうですからもちろん、接客技術も必要。

フローリストの求人では他にはお花の販売なども当然接客販売にあります。店舗を運営するのであれば店舗の認知度を上げ、お客様に来店を促す、そのための方法を見つけるのが経営者としての仕事です。

正社員の求人もある。

正社員の仕事ともなるとかなり忙しい仕事の部類ですが、雇用されるのであればシフトなどの勤務制度になりますが、給料面では高くはないのが実情。

ただ、正社員やアルバイトとして働きながら仕事の内容を覚えて店舗の運営などにも関われればその後独立と言う道筋も見えてきます。

独立を考えているのであればフランチャイズ制度を利用するのも手です。

店舗でのOJTを経て独立となります。人が喜ぶ姿を花とのふれあいの中で感じられることは嬉しいことだと思います。

生け花装飾アシスタントの仕事などはやはり結婚式場の飾りとして使う生花を作ったり納品したりすることが仕事になりそうです。フラワーショップなどのフローリストの求人ではどのような待遇なのでしょうか。

月給などでは月に20万円近くの待遇なのでしょうか。繁忙期などでは残業なども多くありそうですが、正社員の求人であるなら残業手当もしくはみなし残業代金も含まれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました