【派遣社員か正社員か?】どっちが影響を受ける?同一労働同一賃金の考察

同一労働同一賃金 転職
同一労働同一賃金

同一労働同一賃金が2020年の4月から施行されますが、もともとも名目は格差の是正です。
正社員と派遣社員といういわゆるパートタイマー的な立ち位置の働き手の格差がとても大きくなったことが問題です。

もともとの趣旨は格差を埋めること。ですが、企業にとってはどちらの側によるのか、ということで結果が全く変わってきます。

私は今経営者ですが、以前は派遣社員でした。

どちらの側に寄るのか、両方の目線で考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

企業側としては賃金を下げるチャンスではある。

同一労働同一賃金は上述の通りもともとは名目としては正社員と非正規雇用の賃金格差を埋める、【均衡】をうたっています。

ここで均衡とはどういう意味か考えてみましょう。

均衡とは釣り合いが取れている、という意味ですので、均等になるというよりは仕事に対する報酬が例えば派遣社員での能力で出来る仕事であれば派遣社員の給料に合わせることも出来る、とも取れます。

つまり、正社員であるからとか年齢が上だから給料が高いという今までの年功序列制度の破壊が同一労働同一賃金によってもたらされる可能性は否定はできないのです。

私が派遣社員として働いていた外資系の国際貨物宅配便の会社も外資系とは言いながらも社内の体質は日本的な企業そのもので、別に実力成果主義でもなくただ単に昔からいるからという理由で年収800万とか1000万円という給料を管理職でもない人が貰っていました。

最も会社の設立期からいるのだから、貢献度合いを考慮して、という理由もあるのかもしれませんが、昔からいるだけで新しく入った人と同じ仕事をしながらも給料が倍くらい違うなんて言う状況はあとの人からしたら溜まったモノではありません。

また会社を経営する側からすれば、確かに昔からいてくれて貢献度は計り知れないものがあるでしょう。

しかしそれもある時期までです。

経営側としてはいつまで過去の栄光にしがみ付いてんのか、という気持ちになります。

さて派遣社員からの目線で考えるとどうでしょうか。

私は古くからいるというだけで高給取りになれることにとても違和感を覚えましたし、もちろん嫉妬も少しあったと思います。

生まれるのが少し早かったから正社員としての地位を謳歌して、会社に甘えて、休みたいときに休んで、具合が悪くなれば1月くらい休職する、そんな50歳の正社員を知っているだけに余計生まれた時代を恨めしく思う瞬間もありました。

ただ、甘えてばかりではいけないという気持ちもありました。時代がそうだから自分が幸せになれないなんて言うのは許せなかったのです。

その気持ちは今でも一緒です。

派遣社員の身分という言い方は少々語弊があるかもしれませんが、派遣社員時代はとにかく頑張って成果を出そうという気持ちで仕事をしていました。

正社員の仕事ですら奪ってやるという気持ちが強かったのでその気概もあったせいか、社内では私は意外と有名だったと思います。

それでも会社は会社から動いて私を正社員化することはしませんでした。今となってはそれでよかったと思っています。

もちろん給料も少しずつですが交渉しながら上げてもらいました。

経営する側としては、正社員として雇うよりも派遣社員で雇って会社に貢献してくれた方がメリットが大きいのです。

そんなこんなで同一労働同一賃金の話が出てきて

社内でその話題が出たことは余りありませんでしたが、経営側ではかなり前から手を打っていたと思います。

まず、社内でも英語を使用した特殊な仕事をしていた私の契約を打ち切りました。

これは当時はコストカットかと思っていたのですが、同一労働同一賃金の本質はどこにあるのか、ということを時間をおいて考えていくと正社員の給料を下げる狙いもあるのだと思えたのです。

つまり、仮に私が今の仕事を続けていたとして会社内にこういった人員でこのくらいの仕事を派遣社員がやっているということは正社員の給料もそれくらいにすることは均衡の名目に当たるという事例を作りたくなかったのかもしれません。

今正規社員として働いている人たちの給料体系を守るための方策の面もあったかもしれない、と今は感じています。

もちろん私の雇用されて派遣されていた期間の長さもあります。派遣元としては私を雇い入れることは出来なかったのでしょう。一番の理由はそこにあると思いますが。

ところがやはり人員不足はあると思います。しばらくしてまた同じ仕事の募集がありました。

今、雇用する側から見て正社員の給料体系をどう思うか。

色々な縁で、今の私の立場は経営者です。

派遣社員から経営者になった身として思うことは、正社員というのは本当に今まで大分手厚く保護されていたと思います。

それが同一労働同一賃金が出てきたことによって、派遣社員などの非正規雇用との格差はイケません、となったらそれはどちらに近づけるかというと出来る限り非正規雇用側に寄せていくのは明白です。

なぜなら今まで下げたくても下げられなかった正社員の手当てを廃止することが合法的に出来ると、大雑把に言えるからです。

違う見方もできます。

今までネックだった雇用年数の長い男性正社員の給料を少しずつですが削ることが出来る可能性が生まれるのです。

非正規社員の給与や手当に回す予算を、企業側はどこかから持ってくる必要が出てくる。

「国は『会社の生産性を上げてまかなえ』と言っていますが、急に生産性が上がるわけではありません。だからといって、正社員の給与を下げるわけにもいかない。そこで、働き方改革が生きてくるのです」

「働き方改革」によって長時間労働を是正し、残業代がカットできる。この分を、非正規社員に回すというサイクルができるのだ。また、企業によっては、正社員のボーナス抑制という手段を使うところもあるという。

「賞与は法律で決まっているものではないので、業績が悪化した場合などに、抑制されることはよくあります。『同一労働同一賃金』を実現するために正社員の賞与額を下げることは、決してあり得ない話ではないでしょう」

「同一労働同一賃金」で給与が上がる人はダレ? | 東証マネ部!
長時間労働の是正や有給休暇の取得など、日常生活に大きく関わる...

最もこの方策に対して、厚労省は『望ましくない』と意見を寄せました。

厚労省:「正社員の給与下げるな」同一労働同一賃金で指針 - 毎日新聞
 厚生労働省は27日、正社員と非正規労働者の不合理な待遇格差を是正する「同一労働同一賃金」について、企業に求めるガイドライン案を厚労相の諮問機関・労働政策審議会の部会に示し、了承された。非正規労働者に支給する基本給や残業代などの各種手当は原則として正規社員と同等にするほか、正社員の待遇を非正規レベル

ただ、生産性を上げて給料を上げろと急に言われても難しい面はあります。

スポンサーリンク

結局のところどうなるのか?

同一労働同一賃金の施行によって、どうなるのでしょうか?今のところはまだ派遣社員の処遇が改善される可能性も捨てきれないのですが、正社員の給料が下がる可能性もまだまだあるのでは?というのが率直な意見です。

もうすでに雇用される側ではないので、私はその話題の中に居ないのですがただ言えることはただ単に正社員だから、という理由で雇用されている人にとっては今後は給料は努力をしていかないと上がらない給与システムになっていくと思います。

採用する側としても、今後は適正を見ていく人事方策をとると思います。せっかく雇ってもその仕事の適性がなかったというケースで正社員として居座られ続けることを避けるためです。

また解雇の制度ももっと整理されていくでしょう。

適性検査ももちろんですが、会社に損害を与えた場合や契約が取れなかったなどの能力に疑問がある社員に対しての人員解雇の制度です。

とどのつまり、地位としてとても確固なものだと思われてきた正社員という働き方が今後揺らいでいくことは間違いないと思います。

政府の意図がどこにあるのかは分かりませんが、企業側としては会社を守るために不要な人員を少しでも整理しやすくして人を入れ替えてフレッシュな状態にはできるというメリットもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました