【ひと月分は取りすぎ?】承諾なしの場合は仲介手数料は0.5カ月!?

家探しの画像 家探し

不動産業界からまたしても余計な事すんなよという声が聞こえてきそうな判決が下されました。

都内のある男性が仲介手数料ひと月分は承諾がないので無効だという訴えを起こして高裁のほうでその訴えが認められました。

男性の相手は東急リバブルさんですが、上告中でコメントは出ておりません。

1カ月分は取りすぎ 賃貸の仲介手数料、業者に返還命令:朝日新聞デジタル
 賃貸住宅を借りる際、業者に支払う仲介手数料。1カ月分を支払うケースが多いが、実は0・5カ月分が原則だ。この支払いが争われた訴訟で東京地裁が8月、「借り主の承諾がなかった」として仲介業者に取りすぎた0…

仲介手数料はひと月分がほぼほぼデフォルト

賃貸の仲介を依頼した際に仲介業者が得られる手数料というのは借主と貸主からでひと月分と決められています。

もちろん、貸主の承諾があればひと月分を超えて報酬を得ても良いのですが、借主からは最高でひと月分しかもらうことは出来ません。これは宅建業法で決められている報酬額の上限に当たります。

さて、今回の訴えと判決は、賃貸の仲介を依頼した男性が契約に至る過程で仲介業者である東急リバブルから請求された仲介手数料がひと月分で、男性は承諾なしに請求されたのでこの支払は無効だ、と訴えた判決になります。

判決の趣旨としては、賃貸の仲介手数料についてはひと月分で問題ないが借主から得られる仲介手数料は承諾がなければ0.5カ月分+消費税と判断されたことです。

これは今までひと月分で仲介手数料を得ていた賃貸仲介業者にとっては大きな痛手ではないでしょうか。

今までは仲介手数料というのはひと月分支払うのが当たり前のようになっていましたし、当然賃貸仲介業者はひと月分を当てにして仕事をしているのです。

家主から広告料や業務委託料などが出なければ今までの仕事量で収入が半分になってしまいます。

これでは仲介をメインにしている業者は商売あがったりになってしまいますね。

家主さん、少し仲介業者に広告料や業務委託料をお支払い頂けないでしょうか。

この判決が表に出たことでどうなる?

この判決を見た方は、今後お部屋を探すときに仲介手数料は賃料の0.5か月、ということをインプットしていますから、業者にも強気に出てくる可能性はあると思います。

そもそもですが、今の料金体系がおかしいというか現代のシステムに見合っていないことも付け加えておきたいと思います。

例えば敷金礼金ですが、これは結局のところ、管理会社とオーナーに対しての手数料となります。

入居するにしてもオーナーと管理会社に手数料というかなんのお金だか分かりませんが、不思議な料金を支払ってお部屋に入居させてもらうわけです。

ちょっと上から目線ではありますが、敷金礼金という意味不明な料金が取られるわけです。

私どもは仲介業者ですので、仲介の際の手数料だけが売り上げになります。そこにいくつかの付帯サービスなどを合わせてご紹介することはありますが、ほぼほぼ仲介手数料だけが売り上げになるものです。

業者も売上になる料金の改定をするべき

業者からの目線で話をすればお客さんはハッキリ言ってすぐに他に行ってしまう方もいらっしゃいますし、別の不動産会社に紹介を続けてもらっている方もいらっしゃいます。

仲介手数料を当てにしている側からすれば、売上にならない人を案内したり、相談を受けて紹介をしたりという手間と時間を切り売りしているのと同じです。

だったら売り上げになる人をもっと呼び込む施策をしていたほうがマシだということもありますし、案内だけさせて中を見るだけ見て他の業者に行ってしまう人もいます。

もちろんその物件に魅力がない、ということも問題ではありますがあまりに仲介業者を甘く見ている人も中にはいらっしゃいます。

だったらいっそのことお部屋探しの相談や案内は時間制で有料にしていくべきだと私は思います。

時間制にすれば決められた時間内はお金を相談者も払っているのですから、無駄にはなりません。

その分、当然ながら仲介業者には高いスキルが要求されるようにはなると思いますが。

賃貸の仲介をメインでやっている会社は来年の1月から始まる賃貸の繁忙期をどう乗り切るかかなり難しいのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました