【高収入!】中国語のスキルを活かした求人

中国語スキル求人の画像 転職

中国語の語学のスキルを活かした仕事を探してみました。中国語はいまや仕事上で必要とされるスキルでも上位のスキルや資格です。中国語のスキルを資格として持っていると就職や転職でもかなり有利になる可能性は高いですね。

少し前は中国からの旅行者が多く、旅行者相手のガイドなどの仕事も需要が多かったのですが、今は中国系の企業の進出が進み、中国の方が上司になるケースも多くあります。

その場合、中国語でのやりとりは出来たほうが良いのですが、英語の可能性もあります。私も以前中国系の会社の面接を受けたことがあったのですが、中国語ではなく英語での面接でした。

中国の方は英語のスキルも立派な方が多いです。

スポンサーリンク

中国語のスキルを活かした仕事の求人の種類

中国語が話せる、というのは一つのスキルであり、他の人よりも秀でたスキルであると言えます。英語は話せて当然くらいの感覚がグローバル企業の中にはありますし、事実海外とのやりとりは英語が公用語になっています。

中国語の求人はどういったものがあるでしょうか。

まず目に付くのは、知的財産を取り扱う、企業の法務部での仕事です。

昨今中国では民主化が進んでおり、海外からの製品などを輸入して自国でアレンジすることなども多くなっており、そういったコピー商品などに対抗するための知的財産権を国際的に申請する仕事です。

企業の法務部だけではなく、特許事務で国際特許事務所などの求人も中国語を活かした仕事になります。

ともに年収としては600万円から800万円くらいまで、マネージャーへのキャリアプランもあり得ます。

もちろん、仕事の内容は専門的になりますから特許の対象となるものが中国内にあるかどうかなどの調査分析から他社の特許権を侵害していないかなどを調べ、出願するための書類を揃えて特許を出願するのが仕事です。

商標を取得することが仕事になりますので、中国語とともに弁理士の資格なども併用できます。

かなり専門性の高い仕事であるため求人には年齢制限を設けていない求人も多く、特にリタイア後などでも仕事に出来ます。

スポンサーリンク

商社での求人

中国語のスキルは商社などでは必要なケースも今後も頻発するでしょう。ということは商社の営業といった華やかな職種では中国語のスキルが必要な場面もあり、中国のメーカーと直接交渉をしたりという仕事の求人もあるかも知れないですよね。

ITスキルと併用

また、IT関連企業でも中国語のスキルを活かした仕事の求人はありそうです。システム開発は中国でも盛んに行われていますし、中国のエンジニアも優秀な方は多いです。SEエンジニアやサポート関係の仕事や保守運用の仕事でも中国語のスキルは必要とされることはありそうで、中国語にスキルを活かせる仕事になりそうですよね。

旅行業界などでも中国語のスキルを活かした仕事の求人はありそうですよね。海外からの旅行客で特に中国からの海外旅行客も多い状態が続いております。

中国語のスキルが必要とされる場面は旅行業界でも多いのではないでしょうか。具体的に中国語で旅行者やホテルの宿泊者を案内するということや旅行会社ならばツアー同行者として添乗員の仕事の求人などもありそうですよね。

こうして見ると中国語の語学のスキルを生かす仕事の求人で、スキルを駆使した活躍の場は英語と同等以上になってきていると感じますよね。その活躍の場は日本だけでなく、海外への出張やIT関連というコミュニケーションの場でも必要とされていてこれからますます中国語のスキルを活かした仕事は数多くありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました