AIの普及でも営業がなくならない?その理由を不動産賃貸業を営んでいる筆者が紹介します。

転職

AIの普及によって営業職がなくなるといわれていますが、実際のところどうなんでしょうか?今現在、不動産賃貸業に関わっている筆者が不動産業界の営業職の仕事内容などをご紹介しながらその可能性と、AIの可能性についてご紹介します。

スポンサーリンク

AIが営業職に及ぼす影響とは

AIが今後営業の現場などに導入されていくとは思いますが、ではAIはいったいどういった影響を及ぼすのでしょうか。

不動産営業の現場では営業職はお客様の要望を聞いてお客様にあった物件を探すというのですが、これはAIの仕事そのもの。AIがあれば不動産営業は不要になりそうです。例えば弊社に来るお客様の多くは、ご希望の賃料と弊社のある路線沿いの相場と一致していることはほぼありません。

そういった場合どうするかというと、他の地域を『提案』するわけです。新しい地域にはこういった利点がありますよ、ご職場までそれほど変わらずに行けますよ、という新しい提案です。

お客様は我々から、新しい価値観を得るわけです。我々はお客様に新しい価値観を与える立場なのです。この仕事はつまりAIの仕事でもできると思います。中にはこの新しい価値観を創造してお客様に与えられない営業マンもいるわけですが、AIが職場に導入されればどの営業マンも価値を創造する必要なくAIにやってもらえばいいだけなのです。

そう考えると特に不動産賃貸業の営業マンとして必要な知識の一つである路線の把握などの技能は不要になってくるのではないでしょうか。今まではそれが出来ないからある特定の地域にお客様を誘導していく、いわゆる『振る』という技術を見につけないとお客様に逃げられてしまっていたわけです。AIが導入されるとあまり経験を積んでいない方でも営業職としてお客様の応対につくことが可能です。

物件の登録作業も不要になってくる

次に不動産業界の営業マンの仕事として賃貸関係の営業マンは物件の登録を行わないといけません。

物件の登録というのは、他社が不動産流通機構に出しているお客様を探してください、こういった物件がありますよ、という物件を自社のシステムに登録したり、SUUMOやHOME’Sなどに掲載することです。

不動産業界を知らない方に少しお話し致しますが、不動産業界は今やネット広告の時代です。SUUMOやHOME’Sなどを見るお客様がほとんどですから、不動産流通機構に登録されている空いている物件についてはほぼSUUMOやHOME’Sで確認可能です。

もっと言ってしまうと、お客様のほうが物件をよく知っていたりします。それではダメなんですけど、しかし本当に毎日毎日よくご覧になっているお客様が多いのです。

このネット広告に掲載する作業を『登録』というのですが、この登録のやり方、物凄くアナログ的なんです。どうやっているのか?といいますと、お部屋の入居者募集の図面をマイソクというのですが、そのマイソクを見て1件ずつ手で入力していくんです。

この作業、かなりシンドイんです。とても大変です。何を見ていくかというと、まず家賃と敷金礼金、必要な初期費用にお部屋の設備とマンションの共用部分。またペットが可能なのかとか二人の入居は可能なのか、などですが、やはり1件ずつ手で入力していくので入力ミスが多くなります。一人で10件20件やっていくと当然ミスの度合いも上がっていくのです。

こういった作業は実はAIが向いていますし、AIやRPAなどが得意。極論すればミスもないわけです。不動産賃貸業はこういった集客の作業に手間取っていますし、人員が少ない会社はお客様の応対も接客も契約も営業マンが行わなければなりません。分業制の会社であれば他の人員がやってくれるかもしれませんが、人がいなければ誰かがやるしかありません。集客方法は会社の規模が大きかろうと小さかろうとやることは同じなのです。

スポンサーリンク

AIが仕事を奪うのではなく、AIを使い倒す側になる

ざっと不動産賃貸業の営業職の仕事を見ていくとAIが代替となれる仕事ばかりです。一見すると営業職がなくなってしまうのではないかと思われるのですが、しかしお客様は対面での接客を求めていらっしゃる方は一定数居るため、店舗に行って相談をしたいという方もいらっしゃるのです。

そういったニーズが未だあるうちは営業職もすぐにはなくならないとも言えます。ただ、経営者としてはなくなってくれたほうが人件費がかからないで済むわけですから、早くAIが活躍する世の中になってほしいと思う気持ちは理解できます。

賃貸の営業で問題になるのは人員の確保と人員の生産性です。人数が少ない職場であればあるほどそれは重要になっていきます。

究極的な話をすればいずれは営業職も店舗に配置する必要はなくなるかもしれません。その未来がやってくるスピードがどれくらいなのかは今は想像が難しいですが、今のところ大事なのは、代替でやってくるAIを『操作』する側になることではないでしょうか。

物件周辺の状況の情報は周辺を知っている人間のほうが伝えやすいですし、伝え方、というものもあります。そういった微細な調整ができるのは人間のほうが上手であると思います。営業職として生き残れるのは微細な調整ができる営業マンで、機転の利くことも重要ではないでしょうか。

スポンサーリンク

近い将来の不動産業界は店舗も要らなくなる?

AIの登場で不動産業界の営業職はAIをうまく使う側になることでその価値を上げていけると思います。しかしもっと遠い将来不動産業界は店舗なども不要になってくる未来が来るかも知れません。

というのもわざわざ問い合わせなどを行わなくても、AIが発達して不動産業界の業者間でやり取りがもっとスムーズにんる方法をみんなで取ることが出来たら我々仲介業者なども不要な存在になるでしょう。今のままの業態で仕事はずっとは続けられるとは私は感じていません。どこかで我々も何かの付加価値というものを見出せなければ淘汰される存在であると感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました