【フサフサになるか?!】AGAエージーエーとは?正しく知って髪の毛を生やそう!

AGAとは‘andorogenetic alopecia’のを略したもので、男性型脱毛症の総称です。頭髪に症状が現れ、、頭髪の一部分にある髪の毛が細くなったり抜け落ちてしまい進行すると髪の毛がなくなり頭皮が露出してしまいます。近年AGAエージーエーの研究が進み、AGAが原因の薄毛は治療可能であるとも言われています。

スポンサーリンク

AGAエージーの原因とは

原因は主に男性ホルモンによって頭髪に何らかの影響を及ぼして引き起こされるといわれています。頭髪には毛周期と言われる生え始めてから抜け落ちるまでのサイクルがあり、毛髪が生えて伸びてくる成長期、毛髪の成長が止まりだんだんと細くなり抜け落ちてくる退行期、毛髪が抜けて次の毛髪が伸びるまでの準備をしている休止期があり、個人差はありますがほぼ同じ間隔で繰り返しています。
毛の生えている場所によっても違いがありますが、頭髪の場合は成長期が2年から6年、退行期は2週間から3週間、休止期は3カ月から4カ月程度で生え変わっては抜けていくを繰り返しています。
正常な毛周期が保たれていればAGAにならないのですが、男性ホルモンの1つであるジヒドロテストステロン(DHT)が髪の毛の元である毛乳頭細胞に何らかの影響を及ぼして、毛周期を乱してしまいます。
もう周期が乱れると、これまで規則正しい生え変わりが行われた毛髪は一本一本の成長期が短くなり、髪の毛が育つ前に退行期になり次々に抜けていくようになります。
しかし、休止期はあまり短くならないので抜けていく毛髪のほうが生えてくる毛髪より多くなります。最初の内は成長期がまだ正常に近いので目立ちませんが、だんだんと成長期が短くなってくると共に時間をかけて薄毛が進行していきます。
DHTは主に生え際や頭の中心に大きく影響するために、生え際と頭の中心部から薄毛が広がり、最後には側頭部と後頭部だけを残して髪の毛がなくなります。
男性型脱毛症というだけあり主に男性に現れる症状ですが、体内のホルモンバランスが崩れると女性でも発症することがあります。しかし女性の場合は男性のように髪の毛がなくなることはまれで、分け目の地肌が目立ち髪の毛が細くなる程度です。男性の発症確率は30歳から40歳で10%程度ですが、60代になると50%程度と跳ね上がります。全体の発症率は30%程度です。
男性ホルモンの影響のほか、祖父母や両親にAGAがあった場合遺伝して発症しやすいこともわかっていますが、完全に原因が特定されたわけではないのですがAGAエージーが原因の薄毛はクリニックで治療可能な状態になっていることは画期的ではないでしょうか。

スポンサーリンク

AGAエージーの治療方法とは?

AGAの治療を医療として行う場合、治療薬を使う方法と手術により物理的に毛髪か、毛髪の代わりになるものを植え込む方法、今残っている毛髪を育成して再生させるHARG療法があり、薄毛の状態やどういう結果を望むかで選択します。
AGA治療薬を使用する場合はAGA治療を取り扱っている医療機関へ行き、AGAチェックと言われる検査を行います。この検査は遺伝によるAGAの発症リスクと、AGA治療薬が効果を発揮するかを調べるために行われるものです。
AGA治療薬は遺伝子の配列によっては効果が出にくい場合があるので、治療薬を使う前には必ず行われます。結果が出るまでいは1カ月ほどかかり、AGAチェックで治療薬が効果があると確認がとれれば投薬による治療が始まります。
治療に使われる薬はフィナステリドというもので、プロペシアという商品名で利用されています。プロペシアはAGAの原因である男性ホルモンの1つ、ジヒドロテストステロン(DHT)が作られるのを抑制する作用があり、DHTを減らすことで毛母細胞への影響を減らしAGAの進行を止めます。ただし、女性がプロペシアを使用すると副作用のリスクが高すぎるので、女性がプロペシアによる治療を受けることはできません。

物理的に毛髪か、毛髪の代わりになるものを植えこむ方法は、かんたんに言えば“植毛”です。植毛は手術で自分の毛髪か人工毛髪を植えこんでいくもので、自分の毛髪を使う場合は側頭部や後頭部に残っている髪の毛を皮膚ごと切り取り、4本前後の塊に小分けしてAGAが進行している頭皮に移植します。
人工毛髪を使う場合は一本ずつ針で植えこんでいきます。自分の毛髪を使う場合は確保できる毛髪に限りがあるので、AGAが進行しすぎて薄毛の範囲が広がると毛髪が足りず植毛ができません。ただし植え込まれた毛髪は自毛なので適切な管理をすると発毛します。
人工毛の場合は必要な数を用意できるのでので広い範囲の薄毛にも対応できますが、1年ほどで抜け落ちてしまうので定期的な植毛をしないと頭髪を維持できません。

毛髪を育成してAGA治療を行うHARG療法はこの数年で開発された新しいAGA治療の方法で、HARGカクテルと言われる毛髪を成長させる信号をだす成分が含まれている薬品を直接頭皮に投与します。
発毛率が90%以上と高く、女性でも受けられる治療方法で副作用が今のところ報告されておらず、安全性の高いAGA治療法です。しかし治療が行える医療機関がまだ少なく、地方では取り扱っているところが少ないという難点があります。

スポンサーリンク

AGAエージーの治療が出来るのは?

AGAの治療は美容外科や包茎手術などを行う男性専門のクリニックのほうが対応できるところが多く、一般的な病院ではあまりAGA治療に対応しているところがありません。
テレビでAGAのCMを見ることがありますが、CMでは病院へ行くことを謳っています。しかし病気になったときに行く病院ではまだAGA治療に対応しているところは少なく、美容外科やクリニックのほうが対応しているところが多く利用しやすくなっています。

美容外科もクリニックも医療機関には間違いありませんが、病院とは違い病気を治すことよりも見た目を整える治療を行っている医療機関です。そのため病院とは違う性質を持っています。
美容外科やクリニックで行う治療は、主に病気として扱われていないものを治療します。代表的なものは包茎手術や美容整形で、病気ではなくとも本人にはつらいものを医術によって治療します。
AGAも病気ではなく人間の生理現象が起こすものの1つなので、病気を治すためにある普通の病院では対応していないことが多いのです。ただし、普通の病院でもAGA治療ができるところが少しずつ増えてきています。

美容外科やクリニックが普通の病院ではないと言っても、きちんとした医療機関の1つなので、専門の医師が診察を行い医師の指導のもと治療を行います。
AGA治療を取り扱っている美容外科やクリニック、病院は全国に13,000施設ほどあり、AGA治療の認知度が上がると共にだんだんと数も増えているので、通える場所にあるAGA治療ができる医療機関を見つけることも難しくありません。

治療に当たる医師は皮膚科や内科の専門医であることが多く、髪の毛だけではなく体全体の専門知識をもっている医師がAGA治療にあたります。行われる診察は普通の病院とさほどかわりはなく、問診や頭皮の確認などを行い症状を把握して治療を行います。

特殊な医療機関というわけではないので、普通の病院を利用するのと同じ感覚で治療が受けられます。ただし、美容外科やクリニックで治療を受ける場合はすべて自由診療扱いになるので、健康保険の適用は受けられません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました