24時間サポートは要らない?不動産屋さんが詳しく説明します。

24時間サポートいるの?要らない? 家探し
24時間サポートいるの?要らない?

賃貸物件の契約時に勧められる、または管理会社の指定で契約しなければならない状況になる24時間サポートというサービス。

この24時間サポートが要るのか要らないのか、不動産業者から忖度一切なしで説明いたします。

スポンサーリンク

24時間サポートとはどういったものか

24時間サポートとは、サービスを提供している会社は複数ありますがほとんどが物件に入居した後に起こる可能性のある水回りや鍵をなくした場合の初期対応サービスとなります。

24時間サポートが行ってくれるサービスは、例えば鍵をなくしてしまった!という場合は鍵を開けてくれるサービスを提供してくれますし、またトイレの水があふれてしまったと言う場合も水を止めに来てくれるサービスを提供してくれます。

またガラスが割れてしまった!等の場合もガラスの交換は出来ませんがその場をしのげる応急処置を施してくれます。

といったように入っておくととても便利なサービスですし、また各社によって対応のサービスに若干ですが違いはあります。

24時間サポートは必ず入らないといけない?

この24時間サポートですが、入っておくと安心という観点からは保険と似ています。

何か困ったことが起きた場合に入っておくと安心感があるのは保険に近いのではないかと思います。

ほとんどの会社が大体2年で15000円の税別くらいの金額になりますので、1日当たりに換算しますとだいたい22円程度の計算になります。

2年間で考えると15000円を税別で払うとちょっと初期費用が高く感じるかもしれませんが1日当たりで換算するとかなり安く感じますので、入っておくと安心ですね。

ただ人によっては自分は鍵をなくしたこともないし、ガラスも水道もトラブルを経験したことが無い、と言う方もいます。

このサービスは強制加入ではなく、任意のサービスになっている場合がほとんどです。

管理会社の物件によっては入らないといけない、強制加入となっている場合もあります。

強制加入することについては是非がありますが、ただし管理会社も夜間の対応はほぼ難しいので、初期対応をしてくれるサービスに加入してもらうことによって急場をしのぐことが出来ますので、私としては入っておいた方がベターかな、と言う意見です。

お部屋の設備にトラブルがあった場合は管理会社の対応が当然

24時間サポートに加入しないことに関しては、お客さんの判断になりますので私どもがご紹介する場合は当然任意であることはお伝えいたします。

お客さんの中には加入を断る方もいらっしゃいますし、ブログを見ていると断り方とかが載っていますが若干ですが勘違いをしている方が多いと思います。

24時間サポートについては確かに任意のサービスであります。また水回り等の設備のトラブルに関してはオーナー負担で修繕する必要がありますので入居するお客さんが負担をすることはありません。

24時間サポートについての疑問
24時間サポートについての疑問

しかし、管理会社もオーナーも夜間どうしても繋がらない場合などもありますため、水が流れない、水漏れなどの初期対応に関しては保険として入っておくことで応急処置が出来ます。

賃貸契約の罠、というようなショッキングな見出しが散見されますが、これは仲介業者や管理会社が説明不足が原因でもあると思います。

あくまで24時間サポートと言うのは任意のものがほとんどであり、不要と感じる場合はお断りして大丈夫です。

何が原因かによって修繕負担をする人が変わる

当然のことながら、お部屋を使用していて水回りに例えばトラブルが起きた場合は管理会社やオーナーが修繕するのが普通です。

ただし、ガラスを割ってしまったと言う場合、それが入居者に起因する理由の場合は当然のことながら入居者負担となります。

管理費などにこの修繕のサポートが含まれているのかどうか、という質問を貰ったことがありますが入居者に起因する場合はサポートは含まれませんし、修繕も入居者がしなければ善良なる管理者の注意義務違反となります。

当然水道などの設備のトラブルは管理会社やオーナーが負担で行います。

24時間サポートがカバーしているトラブル、というものが設備のトラブルから入居者に起因するトラブルまでをカバーしているためココがややこしくしているかもしれません。

もちろん初期対応はほぼ無料です。(時間の掛かるトラブルは30分を超えると有料になるケースがあります。)

稀に24時間サポートが外せない物件もある?

24時間サポートを1棟でオーナーが加入しているケースがあります。以前お客さんの要望で管理会社に24時間サポートを外せるか確認したのですが、1棟で加入しているため外すことが出来ない、という回答でした。

本当かどうかはわかりませんが、こういうケースもなくはない、ということです。

家財保険などと一緒に入っていて月額制の24時間サポートと言うケースもあります。

今までこういった回答をされたのは1度ほどありました。

契約前にほとんどのケースで24時間サポートについての詳細な説明の書類が渡されますので確認は可能です。

どんなサービスか全く分からないままに契約になる、と言うことはありません。

スポンサーリンク

24時間サポートに加入しないと賃貸契約出来ないケースも?

管理会社によっては24時間サポートに加入しないと契約出来ない、しないとするところもあります。

これは意外とグレーゾーンなのですが、ほとんどのケースで黒でしょう。

24時間サポートに加入しないと契約しない、契約を拒む正当な事由に当たるか当らないかは裁判をしてみないと分かりませんが、管理会社としては初期対応をしてくれるサービスに加入してもらわないと夜間困る、というのが理由かもしれません。

24時間サポートは便利
24時間サポートは便利

この判断について、例えば入居者が原因の場合は当然ながら入居者が対応するべきことでありますので、24時間サポートに加入しているととても安心です。

しかし設備のトラブルに関しては当然管理会社やオーナーの負担にて修繕されることですし対応するべきことなのですが、夜間どうしても繋がらない等の場合はこの24時間サポートがとても便利と言えるでしょう。

スポンサーリンク

結論

入っておくと安心なのは保険と一緒です。アパマンショップ大島店では24時間サポートを御紹介しておりますが、任意のものとしてご紹介しております。

要らない方は不要と言っていただいて大丈夫です。

またお部屋の設備のトラブルが自然な使用で起こるトラブルと、入居者の使い方の問題で起こるトラブルとに分かれます。当然のことながら、通常使用をしていて起こるトラブルに関しては管理するオーナーや管理会社の責任で修繕しますが、自身に起因するものに関しては自己負担となります。

そんなことが自分には起こらない!という方は全然外していただいて大丈夫です。ただ本当に入っておくと安心ですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました