【無茶苦茶】人生100年構想だから、老後2千万くらい足らないわ。投資で何とかしてくれ

60歳で定年退職後、35年生きるとして夫婦二人で2千万円ほど足りない試算だから、投資とかして自分でどうにかしてほしいと金融庁が発表しました。この発表はいったい誰に向けて、だれが頑張って投資すればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

もし若者に向けて、自分でどうにかしてほしいは無責任すぎないか?

社員に限らず、派遣であっても働いていればほとんどの人が自動的に年金は引き落とされてしまう。老後のためだからと年金をせっせと支払い続けても、『あ、なんかみんな長生きするようになったから老後とか来ても年金だけで暮らそうとすると皆から月々貰っている年金の原資だけじゃ足りないや(笑)』みたいなノリですが、それは少子高齢化などの将来起こりうることをツケにして先送りにしてきたものがいよいよ吹き出しそうです。

私もしがない経営者ですが、税理士からのメールを先送りし続けるとトンデモナイことになりそう…。問題解決は早めがいいですね。

スポンサーリンク

新卒で貯金や投資などは可能なのか

給料が上がらない、賃金が安いといわれているが新卒の子の月収を聞くと東京都内で働いて都内に住むためには家賃補助がないと無理筋ではないかと思う。賃貸の紹介などをする仕事をしているが、どう考えても都心部の賃料帯と新卒の月収は収入と支出のバランスで支出がかなり多くなる。だから都心部に住むことは出来ないし必然的に都心部の円の外へ出ていくことになる。それでも家賃は安くても6万円、女性が住んで安心できるようなオートロックとモニター付きインターフォンなどが付いた物件だと7~8万円台は覚悟したいところ。

手堅いタイプであれば給料の中から投資や貯蓄に回す子もいるだろうが、その中でも生活費もあるわけだから、車離れとか何々離れが良く言われるがそれも当然だろう。しかも今と昔では将来に対する希望が違いすぎる。こんな人生100年時代で、老後に貯蓄をしてても2千万は取り崩さないと生活できないとか言われてしまったら誰もモノを買わないし、経済も回らなくなる。

家賃と初任給の額の比較だけで言うと、家賃の上昇に初任給の上昇率がついていけてはいない。そのため、都心部に住むとなると企業からの家賃補助がなければまずやっていけない。住むとなると少し都心から離れた場所に住むことになる。それでも、江戸川区や足立区、江東区でも江戸川区よりは賃料の上昇が今後見込まれる。

スポンサーリンク

金融庁ももっとしっかりと発表するべき

ただ、この人生100年で95歳まで生きると年金だけじゃ2千万円足らない、というのは試算の目的があります。年金が不足するのは生活費すべてではなく、実際のところ遊興費などに使われる分が年金分では足りないよ、ということです。

現実問題として家計調査年報(総務省 2017年)で示される年金生活夫婦の生活コストは月26.4万円で、先ほどと同じ24年をかけ算すると7603万円となります。年金が6336万円しかもらえないとすればマイナスです。

総務省 家計調査年報(2017年)

「ほらやっぱり、お金が足らないではないか」とツッコミが入りそうですが、国の年金があれば7603万円備えるわけではなく、1267万円に減ります。これが「一部を備える」の意味です。

そしてこの1267万円のマイナスも「メシが食えない」レベルの話ではありません。

年金生活者の家計をちゃんと見てみると、足らないお金は「食事代」や「服代」ではありません。それでは何が足らないか、というと

 ・教養・娯楽費 25077円

 ・交際費 27388円

です。この費目を合計すると、毎月52465円くらいの支出が高齢者にもあります。

人生100年時代に自助努力を、と国が示して怒っている人は、「一部」と「全部」の大違いが分かっていない(山崎俊輔) - Yahoo!ニュース
金融庁の審議会が人生100年時代の指針を示したことがちょっとした炎上模様です。しかしこれ「全部自分で備えろ」と突き放されたと誤解している人が多すぎます。「一部」と「全部」の違いは5000万円以上です。

ということらしいです。しかし、この発表を見れば誰でも年金が不足している!と解釈するのは当然ではないかと思いますし、質問に答えた麻生大臣ももう少し考えて喋るべきだと思います。もともと年金は100年は安心といわれていたものだったはずです。それが今になって試算をしたら足りそうにないから自分で資産運用してどうにかしてほしいみたいに言われたら誰だって頭にくるわけです。

スポンサーリンク

投資して資産を運用してほしい

上述のように遊興費に充てる分がどうしても今ある原資からでは不足してしまうので、豊かな老後のためにも若い時期から投資などの資産運用をして老後に備えるのがベターである、という言い分なのですが、実際投資をして資産を上手く運用できるのでしょうか。

金融庁、3世代での資産形成を促す 人生100年見据え報告書を取りまとめ
金融庁は3日、長寿化が進む人生100年時代において、金融資産の不足を生じさせないための提言を盛り込んだ報告書を取りまとめた。「これまでより長く生きる以上、多くの…

投資して資産運用がうまくいくかどうかはわからない

結局のところ、資産運用が上手くいくかどうかなんてやってみなければわからないというのが私の本音です。リスクもあるし、リスクがあるからリターンがあるのだといわれたら、ひょっとしたら投資した自分のお金が戻ってこない可能性だってあるわけです。この発表が人に投資を促す目的があるとしたら、上手くいっているかどうかは微妙です。なぜなら投資は当然リスクが付きまとうものでありますから、人はこの発表を聞いて投資に回すどころか貯蓄に回すのではないかと思います。

ただ、資産を運用することはある程度必要になる可能性は高いでしょう。私のように貯蓄もない金融資産も売ってしまってない場合は今から積み立てる必要があるのですが、いい商品はどういったものか調べてみました。

スポンサーリンク

毎月無理のない金額を積み立てていく

必要なのは投資に使う元です。投資できるお金を月々の中からねん出して毎月積み立てるようなイメージで投資に回していくことが大事でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました